• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 横浜薬科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 廻 絵梨香さん(薬学部 臨床薬学科/薬剤師)

私立大学/神奈川

ヨコハマヤッカダイガク

学んだ知識や経験を存分に活かして仕事に臨みます

先輩の仕事紹介

医師や看護師とともに、患者さんやその家族と治療に関わる、やりがいのある仕事です

薬剤師
薬学部 臨床薬学科/2017年3月卒
廻 絵梨香さん

この仕事の魅力・やりがい

病院に勤務する薬剤師として、さまざまな病棟から上がってきた処方箋の調剤・監査、患者さんへの服薬指導などを担当しています。学んできた知識をフルに活用し、多くの症例を追っていくことができるのが、この仕事の魅力です。病気にかかっているときや薬を使うことには不安がつきものです。相手の立場に立って丁寧に説明するよう心がけています。最近嬉しかったことは、外来患者さんにお礼を言われたこと。患者さんが自宅で注射ができるよう指導をしていたのですが、「できるかどうか不安だったけど、親切に指導してもらったおかげで自信がつきました、ありがとう!」と言っていただいて、この仕事をやっていてよかった、と思いました。

学校で学んだこと・学生時代

とても楽しく充実した学生生活でした。メリハリをつけて時間を効率よく使うことで、薬剤師になるための勉強はもちろん、友達とも思いっきり遊んだり、アルバイトをして社会経験も積むことができました。また、サークル活動やボランティア、薬物乱用防止キャンペーンの討論会などにも積極的に参加しました。一番記憶に残っているのは、5年次に東日本大震災で被災した中学生たちの職場体験のボランティアをしたことです。今は横浜で暮している中学生と一緒に石巻まで足を運び、被災地や仮設住宅の暮らしも目の当たりにしました。中学生たちにぜひ薬剤師の仕事を知ってほしかったので、実習に行った薬局にお願いし、職場体験もさせて頂きました。

一人ひとりの状態を把握して業務にあたります

分野選びの視点・アドバイス

まずはいろいろな薬科大学を見ることをおすすめします。また、薬学部では様々な実習があり、時間が読めないところがあります。できれば家から遠くないところがいいと思います。実際にオープンキャンパスなどに参加し、通いやすいどうか、雰囲気が自分に合っているかどうかを確認することも大事です。それから、高校生のうちに職業適性診断を体験しておくのもいいと思います。自分が何に向いているか、客観的に知ることは決して無駄にはなりません。医療職はたくさんあるので、早くにひとつに絞らずに柔軟に対応できるようにすると良いですね。大学に入学した後は、実務実習やインターンシップで企業や薬局など職場の空気を感じることが大切です。

チーム一丸となって患者さんの治療にあたります

廻 絵梨香さん

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 薬剤部 勤務/薬学部 臨床薬学科/2017年3月卒/小さな頃、小児喘息を患っていたという廻さん。粉薬が苦手だったが、薬剤師さんがカプセルに入れて飲むアイディアを出してくれ解決。そんな薬剤師の仕事に憧れて、いつしか薬剤師を志すようになったそう。病院内の様々な部署と関わりを持つ薬剤師。それだけに、病棟の看護師や医師、他職種の人などとの交流があったり、同じ時期に配属された人たちとも定期的に会ったりと、人脈も幅広い。「早く一人前になれるように、さらに薬について学んで知識を増やしたいです。また、プラスアルファの資格も積極的に取得したいと思っています」と今後の目標を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

横浜薬科大学(私立大学/神奈川)