• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 横浜薬科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉川 明花さん(薬学部 臨床薬学科/薬剤師)

私立大学/神奈川

ヨコハマヤッカダイガク

毎日が経験、勉強。薬剤師としてさらに成長したいです

先輩の仕事紹介

24時間診療の総合病院に勤務。医師・看護師と連携して治療にあたれることがやりがい

薬剤師
薬学部 臨床薬学科/2017年3月卒
吉川 明花さん

この仕事の魅力・やりがい

私が勤めているのは24時間診療している総合病院です。1日に回ってくる処方箋は約700枚ほどに昇り、外来の患者さんほか、入院中の病棟の患者さんにもお薬をお届けします。夜間は緊急の患者さんが運び込まれることもあり、病状によっては数時間以内に投薬しないと命や予後に関わるというシビアな局面もあります。そんな中でも、患者さんの既往症や身長、体重などをしっかりと把握し、適切に対応することが欠かせません。場合によってはカルテを確認し、処方の内容を医師に確認することもあります。病院という命の現場のすぐそばで、医師や看護師など他の職種とも連携しながら治療に当たれることは、病院勤務ならではのやりがいだと思います。

学校で学んだこと・学生時代

人と関わるのが好きで、人の役に立てる仕事に就きたいと思っていました。その上で資格を持ち、安定して働ける仕事をと考えた時、思い浮かんだのが「薬剤師」の仕事でした。部活に打ち込んでいたこともあり、受験勉強を真剣に始めたのは高校3年の秋。集中力を発揮して、無事合格することができました。入学してからはテストも多く、勉強はさらに大変でした。薬剤師の国家試験に合格するため先生方も親身に指導してくださいましたし、勉強の合間に差し入れをしてくださったことも。テストが終わった後にはクラスメートと食事に行ったり、パーティーをしたり。勉強に打ち込むだけでなく、楽しい思い出もたくさんできた、充実の学生生活でした。

疑問点はすぐ先輩に確認して、丁寧に対応しています

これからかなえたい夢・目標

今、薬剤師の世界では、がんや糖尿病など特定の疾患に詳しい知識を持つ「認定薬剤師」の資格を取得する動きが進んでいます。私はまだ専門を決めていませんが、当病院では異動もできますので、まずは幅広い知識を満遍なく身につけて、どの分野の認定薬剤師を目指すか、じっくり考えたいと思っています。資格を取るには何年もの臨床経験が必要なので、就職後もまだまだ勉強が必要です。また、徳洲会グループでは、離島やへき地での医療に力を入れており、私の勤めている湘南藤沢徳洲会病院でも、鹿児島県の鬼界ヶ島に医療スタッフを派遣しています。私も派遣を希望して、少しでも現地の方の健康と命を守るお役に立てたら、と思っています。

カルテを確認しながら慎重にお薬を用意します

吉川 明花さん

湘南藤沢徳洲会病院 勤務/薬学部 臨床薬学科/2017年3月卒/高校時代は部活に打ち込んでいたという吉川さん。「人の役に立ちたい」という思いから薬剤師という仕事をめざし、現在は第一線で活躍している。総合病院での勤務は月に何度かの夜勤もあり、多忙な毎日。そんな中で、薬について分かりやすく伝えることを常に心がけている。「お薬の副作用などについて、患者さんから1日に数十件の問い合わせがあります。分かりやすい言葉で説明するのは難しいこともありますが、納得して安心していただけるよう努力しています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

横浜薬科大学(私立大学/神奈川)