• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 横浜薬科大学
  • 先生・教授一覧
  • 榊原 巌教授(専門分野:漢方薬学・生薬化学)

私立大学/神奈川

ヨコハマヤッカダイガク

こんな先生・教授から学べます

漢方薬を化学の目で分析し、やさしく教えてくれる先生

専門分野:漢方薬学・生薬化学
薬学部 漢方薬学科
榊原 巌教授
先生の取組み内容

私が所属する漢方天然物化学研究室では、薬に使われる天然資源に関する研究と、それらがもつ薬効成分の解明に取り組んでいます。漢方薬に使われる素材は植物をはじめ鉱物、昆虫、動物など多岐にわたっていますが、中でもいま私たちが注力しているのが、冬の果物の定番『ミカン』の研究です。
ふだん、ミカンは果実だけを食べて、皮は捨てますよね。実はその皮に多くの薬効があるのです。ミカンの皮は昔から漢方薬の材料として使われていて、消化管機能に働き、食欲不振を改善しますが、近年、認知症の改善効果や糖尿病の予防効果が見出されました。私たちの研究室では、神奈川県知事が提唱する「未病プロジェクト」の一環として、県およびJAとの産学連携によって神奈川県の特産柑橘「湘南ゴールド」の皮を使った機能性食品の開発に取り組んでいます。

100種類以上もあるといわれる柑橘類の皮に含まれる薬効を研究。産学連携による製品開発にも取り組みます

授業・ゼミの雰囲気

医療現場でますますニーズが高まる漢方薬。専門知識を身につけるため、座学と実習で基礎からじっくり学ぶ

漢方に使われる生薬には数多くの種類があるため、効能や組み合わせなどを系統立てて覚えることからスタート。榊原先生が担当する「漢方薬物学」「基礎漢方処方学」では、座学のほか、調剤された漢方薬から、どのような生薬が使われているかを一粒一粒分類して確かめたり、実際に口に入れて味を知るといった実習も行います。「薬剤師が薬を熟知していれば、患者さんに服薬指導をするときに、『これは苦いですよ』などのアドバイスもできますからね」。より患者に寄り添った薬剤師を育成するため、榊原先生の実践的な授業が展開される。

研究室の棚には生薬の原材料となる植物や貝殻、化石などがズラリと並び、成分の抽出作業などが行われている

キミへのメッセージ

短所を補うことも大事ですが、長所を伸ばすことに重きを置いています

本学の建学の精神は「個性の伸展による人生練磨」。一人ひとりの長所を伸ばし、キラリと輝かせます。更に学園総長が提唱する理念が「和魂英才」。国際都市横浜でグローバルな視野と伝統的な漢方を学んでみませんか。

長年の研究者としての実績を活かし、多種多様な漢方薬を系統立ててわかりやすく教える

榊原 巌教授

明治薬科大学大学院卒業後、(株)ツムラ研究所入社。その後米国ロードアイランド州立大学に留学し、海洋生物の薬効を研究。帰国後は東邦大学、国際医療福祉大学を経て、現職に。中学の頃から薬用植物や生薬に興味をもち、卒論研究、大学院、社会に出てからも漢方一筋。「自分の好きなことに関わり続けていられるのは、本当に幸せなこと。学生たちにも漢方の素晴らしさを伝えていきたいですね」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

横浜薬科大学(私立大学/神奈川)