• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸リハビリテーション福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松下 美佳さん(介護福祉科/介護福祉士)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベリハビリテーションフクシセンモンガッコウ

利用者様から「ありがとう」の言葉を聞くのが喜びです

先輩の仕事紹介

心と心を通わせて、家にいるようにくつろいで過ごしていただけるサポートをしたい

介護福祉士
介護福祉科/2012年3月卒
松下 美佳さん

この仕事の魅力・やりがい

私が働く真愛ホームの方針は「その方の今を大事にする」です。だから、利用者様をよく観察し、元気がなく食事が進まない方には寄り添って声を掛けたり、水分を中心に提供するなどしています。特に眉間にシワが寄っていたり、目尻が下がっているといった表情をよく観察して、その方の今に合わせたサポートを行うことを心がけています。また、入所当初は緊張されていることが多いため、できるだけ家のようにくつろいで過ごしていただけるよう支援しています。日々、会話を重ね「ありがとう」の言葉をいただく機会が増えると、心と心が通じ合った気がしてやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

祖母が特別養護老人ホームに入所していた時、介護福祉士の仕事を知り、人の役に立つ仕事だと憧れるようになりました。高校3年生の時、介護福祉士をめざして進学先を探す目的で、神戸リハビリテーション福祉専門学校のオープンキャンパスに参加しました。その時、先生や在校生が気さくに話しかけてきてくれたのが嬉しくて進学を決めました。学生時代で特に印象に残っているのは、1つの症例について必要な介護をチームで話し合い、まとめた意見を発表するグループワークです。今働いている施設でもグループワークを取り入れているので、学生時代に習得した実践的なスキルがとても役立っています。

利用者様の表情の変化を見逃さず、臨機応変にサポート

分野選びの視点・アドバイス

介護福祉士の現場に初めて来た実習生は、何事に対しても「どうしてだろう」と素直に疑問を感じることができ、大事な部分を見つけられたりします。それに、利用者様の目にも、実習で初めて現場に来た学生さん達の姿が新鮮に映るようで、職員には話さないことを話してくれたり、介護福祉士になるための心得のような話を聞かせてくださることもあります。日々現場で働いていると、当たり前のように行っている業務の中で、実習生が「ここはおかしい」と気づくことに鈍感になったりすることがあります。先入観がない実習生だからこそ学べることがたくさんあるので、素直な気持ちで臨んでくださいね。

利用者様のことを考えながら丁寧にベッドメイキング

松下 美佳さん

特別養護老人ホーム「真愛ホーム」勤務/介護福祉科/2012年3月卒/介護福祉士として働く松下さんは、実習に来る実習生の指導も担当している。後輩には、実習で学ぶことは多く、気づく力を養えるということを伝えているという。また、何の先入観も持たない実習生は、教えたことをそのまま覚えてしまうので、指導者の責任は重大だと自覚している。指導の際に自分が正しい知識や考えを持っていなかったら、それを後輩が間違ったまま覚えてしまうと取り返しがつかない。そのため、さらに勉強して知識を増やし、利用者様との関わりの中でさまざまな経験を積んで、根拠に基づいたケアを後輩に伝えられる介護福祉士になることを目標にしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸リハビリテーション福祉専門学校(専修学校/兵庫)