• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 大原保育医療福祉専門学校福岡校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 橋本 宙夢さん(保育分野/保育士)

福岡県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/福岡

オオハラホイクイリョウフクシセンモンガッコウフクオカコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

こどもたちと触れ合う喜びを毎日感じます

先輩の仕事紹介

日々できることが増えてくる子ども達!その笑顔と成長に元気をもらえる仕事です

保育士
こども保育士コース/2018年卒
橋本 宙夢さん

この仕事の魅力・やりがい

保育士の1年目は色々な年齢の子どもと触れ合えるよう、0・2・3歳児のクラスを数ヶ月ずつ担当します。乳幼児の成長は年単位ではなく月齢によっても異なるため、子ども達と触れ合える毎日は、とても勉強になります。例えば、3歳児の給食。子ども達の中にはスプーンを使う子もいれば、フォークを上手に使える子もいます。そこで先輩の先生方と話し合い、スプーンとフォークのイラストを机に貼り、子ども達をグループ分けすることに。自分の座る場所が一目で分かり、子ども達も嬉しそうでしたよ。また、芋ほりでは大きな芋が採れた時、満面の笑顔で楽しさを伝えてくれます。そんな子ども達の笑顔や成長の様子が、この仕事の原動力ですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

進路のことで悩んでいた時に届いた一通の手紙。それは、小学校6年生の私が20歳の自分宛に書いたものでした。将来の自分を想像して「子ども達と楽しく遊んでいる」と記された文面を見た時、それまですっかり忘れていた夢を思い出しました。幼い頃の自分に背中を押され、保育士の道を選びました。保育士の仕事は、人間の基礎をつくる大事な時期をサポートする重要な役割を担っています。私たち保育士の一挙手一動が子ども達の成長に影響を与えることもあります。その責任の重さをしっかりと受け止めながら、感情表現が豊かで素直さを忘れない子に育てていきたいと思っています。

こどもたちの笑顔がやりがいです

学校で学んだこと・学生時代

学生時代で印象に残っていることはミュージックシアター。地域のこどもたちを招待して年に一度開かれる一大イベントです。1クラスが3つのグループに分かれて、それぞれの演目ごとに準備を進めます。私たちのグループはラインダンスとボディパーカッションを担当しました。ラインダンスでは練習風景を撮影した動画を見ながら足の角度や全体の動きをチェック。本番では綺麗に揃ったダンスを披露することができました!また、サンタに扮して行ったボディパーカッションは、ホウキや掃除機を使った演奏に、子ども達も大喜び!制作や音楽、構成などもゼロから自分たちで考え、協力し合う大切さや達成感を味えた一番の思い出です。

園を清潔に保つことも大切な仕事です

橋本 宙夢さん

社会福祉法人赤間福祉会 赤間保育園/こども保育士コース/2018年卒/入学して初めて触ったピアノの授業。その講師は現在の就職先である保育園の園長先生だったという。慣れないピアノも学生一人ひとりの進度にあった丁寧な指導で、必要な技術を習得できるまで上達。実習や就職に関するアドバイスを受け、同保育園での実習と就職を叶えた。また、全国にグループ校がある大原学園は、そのネットワークを活かした県外での求人情報が豊富。橋本さんの同級生にも関東に就職した友人がいるとか。「実家の近くで」「憧れの東京で」など、希望の就職先を幅広く選べることが魅力だったと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原保育医療福祉専門学校福岡校(専修学校/福岡)