• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 関東リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 角田 麻美さん(理学療法学科(昼間部)/理学療法士)

東京都認可/専修学校/東京

カントウリハビリテーションセンモンガッコウ

人と接するのがうまくなったねと両親に言われました!

先輩の仕事紹介

一人ひとりに寄り添い、より良い生活につながるリハビリを心がけています。

理学療法士
理学療法学科/2016年3月卒業
角田 麻美さん

この仕事の魅力・やりがい

理学療法士として、施設に入所されている方と通所されている方へのリハビリテーションを担当しています。ストレッチ等で固くなった筋肉をほぐしてから、輪投げなどの道具を使ったバランス練習、平行棒や階段を使った歩行や段差の昇り降りの練習などを行っていくことで、利用者の皆さんが日常生活の中で自然に体を動かせるように支援しています。脳卒中や骨折で動きが不自由な方、体力が落ちないように運動をという方など、私は利用者さん一人ひとりと向き合い、楽しく会話しながら、その人に合ったリハビリができるように心がけています。『歩くのがラクになった。ありがとう』といった感謝のお言葉が、なによりの喜びですね。

学校で学んだこと・学生時代

3年間、理学療法士の勉強に集中しました。先生との距離が近く授業が分かりやすくて、例えば「立ち上がる人を支える時は、前に重心を移すようにすると、軽い力で介助できる」「脳卒中は、脳のどこで起こったかによって、障害の発生する場所が違う」など、体の機能や理学療法について具体的に理解できたのがいちばんでした。老人保健施設や大学病院など、複数回の病院施設を異にする学外臨床実習も勉強になりました。理学療法士の国家試験合格を目標に、クラス全員が一丸となって取り組んだのも良かったですね。充実した受験対策講座のもと、お互いに助け合いながら、みんなで頑張ろうと挑戦した熱い雰囲気が合格への心強い後押しになりました。

ストレッチでは、その方の体のかたよりなどもチェック

分野選びの視点・アドバイス

理学療法士やリハビリテーションというと、病院での患者さんの機能回復など、医療の世界をイメージする人が多いと思います。でも実際は、私のように老人保健施設での高齢者の運動・生活支援、幼児や小児向け福祉施設での子どもたちの発達・成長支援、スポーツ施設でのトレーナーと、活躍の場は大きく広がっています。特に保健施設や福祉施設の理学療法士は、小さな子どもからお年寄りまで、さまざまな年代の人を対象に、日常の身近な生活に直結したリハビリテーションを行うことができます。医療はもちろん、介護・介助、福祉、健康、スポーツ…理学療法士には幅広い分野で将来のキャリアが開けている点に、ぜひ皆さん注目してください。

体重移動やバランスに注意しながら歩行訓練をサポート

角田 麻美さん

介護老人保健施設グリーンビレッジ蕨勤務/理学療法学科/2016年3月卒業/中学生の時、授業の課題で理学療法士にインタビューしたのが、この道に進むきっかけ。その時に小児の理学療法の話を聞いたこと、また母親が障害児施設で仕事をしていることもあり、「機会があれば子どもたちのリハビリに関わる仕事もしてみたい」「リハビリを通して、いろいろな人と接しながら、自分自身も成長していきたい」と話してくれました。プライベートでは、地元の浦和レッズのファンで、 よく試合を見にいくとのこと。海外旅行も好きで、最近では韓国へ。もっと海外の人ともコミュニケーションをとりたいと思って英会話の勉強もしているそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

関東リハビリテーション専門学校(専修学校/東京)