• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 広島
  • 穴吹調理製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 徳山 真伍さん(高度調理学科/調理師)

一人ひとりのお客様のために、心を込めて調理をします

先輩の仕事紹介

美味しいものを提供することが当たり前の世界。努力を続け期待を超える料理を

調理師
高度調理学科(2年制課程) 卒/2014年卒
徳山 真伍さん

この仕事の魅力・やりがい

帝国ホテル大阪の宴会調理部で、挙式やレセプションパーティー、ディナーなど特別な1日を過ごされるお客様へ料理を提供する仕事をしています。仕込みや調理のほか、ローストビーフのカットパフォーマンスなども担当しています。帝国ホテルというブランドを背負って働くことは、お客様からの期待も高く、美味しいものを提供することは当たり前という認識を持たれます。このような厳しい世界で働くことは決して楽なことではありませんが、期待を上回るものを提供し、お客様から感謝や喜びの言葉をいただいたときは、本当に続けてきて良かったと感じます。また、このような環境で努力し続けることが自分を成長させてくれていると実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

専門学校ではたくさんの調理実習があり、そこで配られるレシピに先生から教わった料理のコツをまとめていました。そのレシピ集は、今でも虎の巻として活用しています。ホテルの現場では、それぞれのホテルのやり方があり、対応するためには応用力が求められます。学生時代に実習で様々な調理法を学んだことがとても役に立っています。実際にホテルで、パスタの試作をお客様に提供した際も、レシピ集を参考にしました。そのパスタは好評で、予想以上の注文と反響をいただくことができました。料理人としてプロの道に進むことを決断できたのは、学生生活を通してたくさんの経験を積み、強い気持ちを培えたからだと思います。

将来の目標はホテルの料理長になること

分野選びの視点・アドバイス

小さな頃から「ものづくり」に興味があり、家族に料理をふるまい、喜んでいる姿を見るのが好きでした。高校生になり、進路を考えたときに、手に職をつけたい、好きなことを職にしたいと思い、穴吹で料理を学ぶことにしました。穴吹では1年次に幅広い分野に対応した技術を身に付け、2年次に自分の志向に合わせて専攻分野を選ぶことができます。自分が本気で目指したい分野を見つけ、極められるのが良いと思います。また、穴吹には夢を応援してくれる先生がたくさんいます。その先生から技や知識を少しでも多く盗んでください。そのとき理解できなくても、現場に出てその言葉や教えの意味が分かる日が来ます。

宴会料理はチームプレーが不可欠

徳山 真伍さん

帝国ホテル大阪(宴会調理部)勤務/高度調理学科(2年制課程) 卒/2014年卒/プロの料理人になるために穴吹調理製菓専門学校の高度調理学科へ入学。しかし、在学中に経験したホテル実習で、料理人の世界の厳しさを痛感する。そこで逃げ出さずにプロの世界に飛び込むことができたのは、「穴吹での2年間を通して、強い気持ちを身に付けられたこと」と徳山さん。今は、座右の銘である「努力は嘘をつかない」という言葉を胸に、ホテルの料理長を目指し、日々努力を重ねている。「穴吹には夢や目標を応援してくれる仲間がたくさんいるので、安心して飛び込んでほしいです。そして一緒に料理の世界で働きましょう」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
穴吹調理製菓専門学校(専修学校/広島)