• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 日本医療科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 五十嵐 弘樹さん(保健医療学部 診療放射線学科/診療放射線技師)

私立大学/埼玉

ニホンイリョウカガクダイガク

患者さんの病気の原因とその治療方法を明確にするためのCT検査。撮影技師の力量は非常に重要です

先輩の仕事紹介

命を救う医療従事者のカッコよさに憧れたのがきっかけ。放射線という専門性の高い分野に出会い、思い切り技術を追求しています。

診療放射線技師
保健医療学部 診療放射線学科/2017年卒
五十嵐 弘樹さん

この仕事の魅力・やりがい

放射線技師として、CTやMRI撮影が必要な患者さんに対応し画像撮影などを行ないます。大切なのは、人体や使用する機器の特徴を把握した上で、より鮮明な画像が撮影できるよう工夫を重ねること。放射線技師の技術によって撮れる画像の質が違ってくるほど力量を必要とされる仕事なので、常に知識や技術の向上を図っています。僕が目指しているのは、患者さんの治療にあたるドクターの要望を超える臨床画像を撮れる技師になることです。勤務する放射線科では、同世代の20代の技師がたくさん活躍していて、お互いに切磋琢磨しています!

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生の時にテレビドラマで観た救急救命士の活躍に憧れて、医療の仕事に興味を持ちました。そして進学に際して様々な仕事を調べていく中で知ったのが、放射線技師の仕事です。患者さんの体の画像を撮影し治療につなげる放射線技師の役割は、業界では“病院の玄関”と言われていることを知り、自分が技術を持つことによって人々の健康・命に貢献できると考え、この道に進むことに決めました。日本医療科学大学に入学し学び始めると、日進月歩の医療機器である診療放射線関連の様々な機器への対応など、そのマニアックな学修内容にハマり、夢中で勉強しました。

先輩技師と情報交換。技術向上のために欠かせない時間です

学校で学んだこと・学生時代

医療における放射線の利用について、基礎から最新技術までを系統的に学びます。1年次より専門科目や演習を行い、専門知識への興味や医療職への自覚を育んでいきました。また、日本医療科学大学はチーム医療にも注力していて、討論・演習などを通じて、コミュニケーション能力や協調性を養います。仕事現場では常に問題解決能力が求められるため、そうした大学での学びは、現在仕事をしていく中で大きな支えとなっています。授業で特に印象に残っているのはCT、MRIなどの撮影技術を学ぶ実践的な授業。なぜX線写真は白黒になるのか? どのように水素原子を利用してMRI画像にするのか? 原理を理解し技術を修得する過程がとても面白かったです。

アンギオという血管撮影装置を操作し、ドクターのカテーテルによる治療をサポートします

五十嵐 弘樹さん

公立昭和病院 放射線科 勤務/保健医療学部 診療放射線学科/2017年卒/テレビドラマで救急救命士の仕事に憧れたのが医療の道を目指したきっかけ。両親に「医療の世界には様々な仕事があるから調べてみたら?」とアドバイスを受け、放射線技師の仕事を知ったといいます。「在学中は勉強最優先を貫き、知識・技術の修得に努めました。日本医療科学大学は、診療放射線学科の他にリハビリテーション学科、看護学科、臨床工学科があり、学科を越えてたくさんの仲間ができました」。専門技術を磨くことで人々の病気の治療や早期発見に貢献できる仕事に、醍醐味を感じているといいます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本医療科学大学(私立大学/埼玉)