• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 日本医療科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 羽金 泰佑さん(保健医療学部 リハビリテーション学科理学療法学専攻/理学療法士)

リハビリでの膝立ち。股関節と体幹のつながりや、筋肉の収縮を意識してもらう

先輩の仕事紹介

患者様の人生に関わらせていただく仕事。何より愛情をもって患者様に尽くしたい!

理学療法士
保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻/2019年卒
羽金 泰佑さん

この仕事の魅力・やりがい

患者様の人生について深く考え、愛情を持って尽くすことにやりがいを感じています。勤務する原田病院は周辺地域の医療を担っており、その中で私は回復期の部門で理学療法士として働いています。例えば脳出血や脳梗塞などにより、体にマヒが残る患者様に、回復のためのリハビリを行います。疾患の原因、症状、そして退院後の生活環境は、患者様ごとに異なります。そのため、個々の患者様の事情や意思に合わせて対応しながら、その人らしく、より良く生きるためのサポートをします。知識や技術は必要なのですが、私が一番大切にしているのは愛情です!自分の祖父母、父母に向き合っているつもりで、すべての患者様に接しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

理学療法士の存在を知ったのは中学の時。医療従事者である母の勧めがきっかけでした。私は元々、人と関わるのが好きで、人のために役立つ仕事がしたいと思っていました。病気や怪我、身体の仕組みについての知識を身につけ、身体機能の回復を技術でサポートしていく仕事で、国家資格を有する職業でもあり、いつしか真剣に目指そうという気持ちになりました。そして日本医療科学大学に入学。思い出すのは大学病院での実習です。人の命を預かる医療現場で相当なプレッシャーを感じ、頭が真っ白になったことが何度もありました。担当理学療法士の指導は厳しく、辛く感じましたが、あの時の経験があって今があると、感謝の気持ちでいっぱいです。

立ち上がりにもコツが。恐怖心を与えないサポートが大事

学校で学んだこと・学生時代

人間の身体の複雑さに圧倒され何度も挫折しそうになりましたが、まずは国家資格取得だけでも目指してみようと勇気づけてくれた両親の言葉と、先生方や友人のサポートにより、乗り越えることができました。そして勉強が大変な一方で務めた「よさこいサークル」のサークル長。年に4~5回文化祭や地元のお祭りなど大きなイベントがあり、約40名のメンバーと共に練習に汗を流しました。サークル長になった当初は、うまくメンバーをまとめられられず悩んだこともありましたが、仲間を信じて意見を聞き役割分担すること、分からないことはすぐに聞くこと、そして先輩や学校の事務スタッフに連絡し指示を仰ぐなど、社会で役立つ貴重な経験ができました。

カルテ作成のためのヒアリングも大切な仕事

羽金 泰佑さん

社会医療法人東明会 原田病院勤務/保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻/2019年卒/原田病院には、現在約30名の理学療法士が在籍。「理学療法士は医療職の中でも、より患者様の生活に近いため、患者様が仕事に復帰するのか、自宅では家事をしているのか、買い物はどれくらい時間がかかるのかなど、個々に異なる日常生活に配慮したリハビリを心がけています」。Q:専門性の高い大学での勉強はとても大変だったとのことですが、国家試験はいかがでしたか? 「先生方のご指導や日々の積み重ねがあったためか、試験は思った以上にスムーズでした。模擬試験がかなり役立ち、安心して結果発表を待つことができました!」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本医療科学大学(私立大学/埼玉)