• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 森ノ宮医療大学
  • 在校生レポート一覧
  • 千地 泰生さん(鍼灸学科)

私立大学/大阪

モリノミヤイリョウダイガク

大学での部活動『準硬式野球部』

右へ
左へ

授業や実習経験から得た学びが部活動に活かされ、リーグ戦優勝へ!

小学1年生から始めた野球を大学でも続けていて、授業で学んだ知識や経験から効率的な体の鍛え方を理論的に実践。個人練習メニューを考えることで部活をしながら学びを深めている千地さんにお話をお聞きしました。

部活動との両立に励み、鍼灸を学ぶ
鍼灸学科
(2017年入学)
千地 泰生さん
  • 鍼灸師資格をもつ高校の保健体育教師 志望
  • 大阪府 高石高校 卒
京阪神2部秋季リーグで優勝しました

春と秋のリーグ戦で良い成績が残せるよう練習に励んでいます

関西地区大学準硬式野球連盟に所属し、春と秋のリーグ戦に向けて少しでもチームに貢献できるよう日々練習に励んでいます。現在は、マネージャーも含めて約30人で活動しています。京阪神2部秋季リーグ戦では、しっかり自分のポジションの役割を果たすことができ、チーム一丸となって頑張った結果、創部以来初のリーグ1位通過、また全勝でリーグ制覇をすることができました。

日々の練習を積み重ね、役割を果たしてチームに貢献

右へ
左へ

最後までしっかりと集中する力をつけることが大事

鍼灸治療の実技授業の現場では、治療だけでなく最後の片付けまでしっかり集中して行わないといつ事故につながるか分かりません。試合でも、点差が開いているからと少しでも油断すると、すぐに点差がつめられ逆転されることがあります。常に油断することなく、集中力を持続していく大切さを、授業と部活の両方を通して痛感しました。

鍼灸による治療も、部活動の野球も、集中力の持続が大切

右へ
左へ

毎日積み重ねた練習が試合の結果を引き寄せてくれました

普段の練習がなければ試合の結果はなかったと思います。積み重ねていく練習が結果へつながることを学びました。チーム内で協力してやり遂げる取り組みや意見をまとめる力は、将来の仕事として希望する体育教師になった時にも役立てる気がします。また部員には様々な学科の学生がいて、違う視点から多くの話を聞くことができて面白く刺激になります。次の試合となる春のリーグも優勝して良い成績を残せるようにがんばっていきます。

授業で得た知識や経験から、効果性の高いトレーニングを行う

右へ
左へ

先生からのメッセージ

  • 大月 隆史先生/保健医療学部 鍼灸学科 教員

鍼灸学科では、鍼灸師の資格を取得するための学習の他に、一般教養も学びます。大学生活は4年間と限りある時間ですが、多くを学び、出会いを大切に、困っている方を手助けできる人になってほしいです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

森ノ宮医療大学(私立大学/大阪)