• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 森ノ宮医療大学
  • 在校生レポート一覧
  • 谷野 あすかさん(看護学科)

私立大学/大阪

モリノミヤイリョウダイガク

様々な領域で現場を知り、学んでいく臨地実習

右へ
左へ

学んだ知識や技術を活用し、各分野の患者さんに応じた看護の実践力を養う

病院、老人福祉施設、保育園などの現場で、発達段階・健康レベルに分けた各分野(慢性、精神、小児、母性、老年)の患者さんに応じた看護師としての姿勢を学んでいる谷野さんにお話をお聞きしました。

看護師として働くための知識や技術を学ぶ
看護学科
(2015年入学)
谷野 あすかさん
  • インターン・実習先:大阪急性期・総合医療センター、八尾こころのホスピタル、たつのこ保育園、大阪発達総合療育センター ほか
  • 大阪府 堺東高校 卒
患者さんと向き合うことでコミュニケーション能力の大切さを実感

睡眠時間の調整と体調管理、実習先で必要な勉強を徹底しました

実習先の看護師さんに問われそうな内容をノートにまとめました

実習室で友人と実技の練習を行いました

実習中は忙しいので、先輩方から睡眠不足に陥りやすいと聞き、それに伴う体調不良がないか不安でした。そのため手洗いうがいの徹底やビタミンCの摂取などで、体調管理はしっかり意識をして行いました。また自身の勉強不足を感じている部分も不安要素のひとつでしたが、実習先の看護師さんに問われそうな内容を考え、受け持つ領域の勉強をしてノートにまとめていきました。

臨機応変な対応力と自分から動いていく主体性が求められます

各分野ごとに求められる仕事は変わってきますが、受け持った患者さんとのコミュニケーションをメインに援助を行っていきます。バイタルサイン(体温・血圧・呼吸・脈拍などの生命健康状態を表す指標)の測定や患者さんの体を拭いたり、洗髪をしたり、時には健康指導など学んだ知識や技術を状況に応じて実施していきました。どの現場も知識や技術はもちろん、自ら考え動くことができる主体性と積極的な学ぶ姿勢を求められます。

朝は患者さんのバイタルサインの測定をします

右へ
左へ

患者さんとのコミュニケーションを深めることが一番大事だと思いました

実際に患者さんと向き合うことで笑顔やコミュニケーション能力の大切さを実感。コミュニケーションを通じて、看護師自身が患者さんの医療機器となれることを感じたり、自分が考える看護が押し付けになっていないかと悩んだりしました。教科書には載っていない問題に直面することも多く、学んだ知識を活かせず悔しい経験もしましたが、どの実習もとても勉強になり、より一層学びたいと思える意欲につながりました。

笑顔で患者さんとコミュニケーションをとることが大事!

右へ
左へ

先生からのメッセージ

  • 久木元 由紀子先生/保健医療学部 看護学科 教員

看護学生は、病院実習で患者さんを受け持つために、患者さんの病気についてしっかり学習する必要があります。しかし、実習の現場では、病気だけでなく、患者さんの思いを理解することも、看護にはとても大切です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

森ノ宮医療大学(私立大学/大阪)