• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 森ノ宮医療大学
  • 在校生レポート一覧
  • 川嶋 弥衣里さん(作業療法学科)

作業療法士をめざす在学生の学校紹介レポート

右へ
左へ

発達障害の子どもたちに、適切なアプローチができる作業療法士へ

川嶋さんの目標は発達障害の子どもたちに、症例に応じた適切なアプローチができる作業療法士。作業療法の各領域における理論や技術などを授業や実習を通して日々学ぶ、普段の学校生活についてお話をお聞きしました。

作業療法士になるために必要な、多岐にわたる疾患や障害に関する知識と技術を学ぶ
作業療法学科
(2017年入学)
川嶋 弥衣里さん
  • 作業療法士 志望
  • 奈良県 桜井高等学校 卒
作業療法士として、子どもたちが楽しく成長できる環境を作りたい

実際の体験を通して学ぶ授業と、豊富な実習機会で着実に成長を実感!

実際の現場をシミュレーションできる実習室があります

休み時間にはクラスメイトと談笑してリラックスすることも

発達障害作業療法治療学演習の授業では、臨床で使用されている遊具や機材を体験し、作業分析を行います。自分が体験することで症例に応じたリハビリメニューを考える引き出しが増えていきます。また、1年次から実習が始まるので、早くから現場を知ることができます。3年次には、1カ月間の臨床実習に。一人の患者さんを担当し、困っていることや、したいことなどをお伺いして、日常生活の改善につながるメニューを立案しました。

疾患や障がいがある方に関われる、OSCEで実習前に臨床力を養うことができます

臨床実習前に授業で学んできた疾患や、障がいを抱えている方にご協力いただくOSCE(客観的臨床能力試験)という試験があります。当事者の方に、ご家族のことや、日常生活で困っていることをお聞きし、問題点を把握します。そのうえで改善目標を設定し、リハビリメニューを立案。学内の設備を利用してリハビリを行っていただき、ご意見を伺います。直接、思っていることや感じたことを聞ける機会は、とても貴重な経験になりました。

技能・知識・対話力が備わっているかを実践で確認できます

右へ
左へ

臨床経験豊富な先生方が、きめ細かくサポートしてくれるので安心して学べます

学科ごとはもちろん、分野ごとにもそれぞれ臨床現場で活躍するプロの先生方がいらっしゃるので、自分が将来どうなりたいかが決まっていなくて迷っていても、学びを深める中で自分がやりたいことが見つかると思います。また、学生一人ひとりの個性を尊重し、親身になって指導してくださいます。先生方は個性的で面白い方ばかり。質問や相談がしやすく、距離が近いです。

専門書が揃う図書館でレポートや卒業論文を作成しています

右へ
左へ

先生からのメッセージ

  • 小林 貴代先生/保健医療学部 作業療法学科 教員

先輩達は、クライエント(患者様)が望む作業・活動を行えるように作業科学を学修しています。人のために役に立ちたいという気持ちをお持ちのみなさん、オープンキャンパスで先輩達の笑顔を見に来てください。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

森ノ宮医療大学(私立大学/大阪)