• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜保育福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岩井 成美さん(保育こども学科/保育士)

神奈川県認可/専修学校/厚生労働大臣指定保育士養成施設/神奈川

ヨコハマホイクフクシセンモンガッコウ

子どもたちをひきつける読み聞かせを心がけています

先輩の仕事紹介

病院で私らしい保育士に。安心・安全な保育をすることで医療現場を支えています

保育士
保育こども学科/2018年卒
岩井 成美さん

この仕事の魅力・やりがい

私が勤める「すくすく保育室」は病院内にある保育所のため、夜勤のある医師や看護師のシフトに合わせ、24時間体制で子どもをお預かりしています。ふだんは他の保育園や幼稚園に通っていて、年末年始など園がお休みの日にだけ登室する子も多く、子どもたちの顔ぶれや人数は毎日異なります。そんな認可園とは異なる環境の中でも、子どもが私の名前を覚えてくれるのはやりがいのひとつ。また、保護者が急な残業となり、予定より遅くまでお預かりした時などに感謝の言葉をいただくと、保育士として、そしてこの病院の一員として役だつことができたと実感できます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

年齢ごとにクラスを分ける“横割り保育”ではなく、異なる年齢の子どもを一緒に保育する“縦割り保育”での子どもの成長について学生時代から興味があり、また、認可園との保育環境の違いを知りたいと考えていたことから、病院の保育所で働くことに。ここは福利厚生もしっかりしていて、先輩には同じ横浜保育福祉専門学校の卒業生もいるので、相談しやすく働きやすい環境であることも、この保育所を志望した理由でした。もちろん、病院という場所は「患者さん第一」。それを実現するためにも、子どもたちを安全・安心にお預かりすることで、現場で力を尽くす医師や看護師を支えるのが、私たち保育士が担う役目だと考えています。

書類の記入や作成も保育士の大切な仕事のひとつです

学校で学んだこと・学生時代

異なる年齢の子どもでも一緒に楽しめるような手遊びや絵本の読み聞かせを学んだことは、いまの仕事に大いに活きていると感じています。座学だけでなく、子どもの気持ちを考えながら、身体を使って表現を学ぶことも多く、子どもをひきつけるための表現力を磨くことができました。また、実際の園で起きた事例を取り上げ、学生同士で意見交換をする授業もあり、教科書の知識だけではない保育を広く学ぶことができたと思っています。卒業後の進路を選ぶときには、自分の強みや興味を持った保育ができるかどうかを重視して、自分がなりたい保育者に近づける就職先を探すことが大切だと思います。

毎日顔ぶれが違うから、日々新しい環境にいるみたい!

岩井 成美さん

医療法人財団明理会 東戸塚記念病院 すくすく保育室勤務/保育こども学科/2018年卒/岩井さんが勤務する保育所は、病院に隣接し、子育てと両立して働く医師や看護師を全力でサポートする施設。0歳児から受け入れ、保護者が夜勤の時も預かることができる。夜勤業務や保育士の医療系研修があることは、病院内の保育所ならではの特徴。 【ある1日(早番)のスケジュール】7:20出勤/7:30子どもたちを受け入れ/9:00午前のおやつ/10:00お散歩(戸外活動)/11:15昼食準備・布団敷き/12:00昼食片付け/12:30休憩/13:30書類記入など/15:10午後のおやつ/15:20掃除/16:15子どもたちとおもちゃ遊び/16:30退勤 

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

横浜保育福祉専門学校(専修学校/神奈川)