• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東北職業能力開発大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 専門課程
  • 生産技術科

文部科学省以外の省庁所管の学校/宮城

トウホクショクギョウノウリョクカイハツダイガッコウ

生産技術科

定員数:
25人

自ら考え「ものづくり」ができる、想像力豊かな若きエンジニアを育てる

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

初年度納入金:2019年度納入金 55万9200円  (入学料16万9200円、授業料39万円 ※その他、テキスト代、作業着代等が別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

設計、製作、計測、制御、及び管理等の技術を実学一体的に習得する
素材から完成品に至るまでの一貫した生産システム技術の基盤を柱にし、生産様式の高度化や変革にも対応できる設計、製作、計測、制御、及び管理等の技術を実学一体的に習得することを目標にしています。ものづくりの原点である基本的加工技能・技術に加えて最新の加工システム技術にも対応できる実践技術者を育成します。

カリキュラム

機械工学全般の基礎を学び、総合的な課題実習を通じて問題解決能力を身に付ける
機械工学全般の基礎を学び、その上で機械設計技術、加工技術、測定技術など、ものづくりに関する基盤技術を中心とし、NC工作機械、FAシステムやロボットに必須の計測・制御、自動化技術などを学びます。これらを講義だけでなく、豊富な実験・実習により実践的な技能・技術とともに身に付けます。
総合的な課題実習を行ない論理的思考を養う
グループによる総合的な課題実習を通じて、生産現場に必要な応用力や問題解決能力を身に付け、また、応用課題実習により、ものづくりに関する実験や理論的な評価・検証を行うことで、問題解決能力へと通じる論理的思考ができるようになります。

実習

CAD/CAM技術
設計図は、設計内容を伝えるための重要なコミュニケーション手段です。設計図はCAD(Computer Aided Design)を使用してコンピュータ上で作成します。また、このデータを用いてCAM(Computer Aided Manufacturing)で加工用のデータを作成しシミュレーションします。これら最新のCAD/CAMシステムを用いた加工技術を習得します。
機械加工・数値制御加工実習
切削加工を中心に、塑性加工技術、レーザー加工技術、放電加工技術などのものづくりに必要な加工技術を総合的に習得します、切削加工では旋盤・フライス盤の加工技術をマスターした後に、マシニングセンタなどCNC(Computer Numerical Control)工作機械による加工技術を習得します。
基礎課題実習
設計技術者、加工技術者等の技術者を目指すには設計から製造までのプロセスをおさえておく必要があります。また、設計技術者になるには与えられた目標(仕様)からアイデアを出し、図面作成する能力が求められます。基礎課題実習ではグループ単位で課題に取り組むことによりこれらの能力を習得します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

技能士補(※1)、2級技能士受験資格(※2)
※1/専門課程修了時の技能照査合格(技能士補)により2級技能士受験時の学科試験が免除 ※2/専門課程修了時の技能照査合格により学科免除の受験資格

目標とする資格

    2級・3級機械加工(普通旋盤作業)、2級・3級機械検査、2級機械保全(電気系保全作業)、3級機械保全(機械系保全作業)、2級機械・プラント製図(機械製図CAD作業)、中級CADトレース技能審査(機械部門) ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ケミコン宮城(株) 、 日本ビルコン(株)東北支店


※ 内定先一覧

※2019年3月卒業予定者内定先(2019年1月現在)※その他(17名)は東北職業能力開発大学校応用課程に進学予定

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒987-2223 宮城県栗原市築館字萩沢土橋26
TEL:0228-22-6614

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県栗原市築館字荻沢土橋26 JR東北本線「瀬峰」駅より、栗原市民バス栗原中央病院行25分「東北職能大学校前」下車、徒歩約2分
JR東北新幹線「くりこま高原」駅より東日本急行バス約12分 栗原市役所前 下車 徒歩約20分

地図

 

路線案内


東北職業能力開発大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/宮城)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る