• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 宮城
  • 東北職業能力開発大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 専門課程
  • 電子情報技術科

文部科学省以外の省庁所管の学校/宮城

トウホクショクギョウノウリョクカイハツダイガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科

定員数:
30人

ハードウェアとソフトウェアの技術を融合、新たな価値を創造する実践技術者

学べる学問
  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • カスタマーエンジニア(電気・通信機器)

    通信機器やOA機器の導入・保守・点検などを行うエンジニア

    通信機器やOA機器などを導入する際のセッティングや保守・点検、修理などを担当するエンジニア。導入先である企業を訪れて、現場で仕事をする。担当エリア内で複数の顧客を担当していることが多い。トラブルの際には現場に急行し、迅速に故障・障害の原因を探って、修理や機器の交換などを行う。扱う製品やサービスに応じて、電気・機械・通信系の専門知識・技術が求められる。また、顧客と直接接する仕事なので、コミュニケーション能力も大切だ。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 55万9200円  (入校料16万9200円、授業料39万円 ※その他、テキスト代、作業着代等が別途必要)
年限:2年制

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科の学科の特長

専門課程 電子情報技術科の学ぶ内容

実践的なものづくりを体験し、ハードウェア技術にもソフトウェア技術にも強い技術者を育てる
誰でもどこでも簡単にネットワークにつながり、必要な情報を得ることができる。そのような社会を実現するために必要なコンピュータのハード(回路)、ソフト(プログラム)、情報ネットワーク技術、組込みマイコン技術の原理や設計方法など、幅広い技術を学びます。

専門課程 電子情報技術科のカリキュラム

ものづくりプロセスの基本を身に付け、選択科目を履修することによって専門性を深める
電子技術分野では、電気回路、電子回路、計測工学、センサ工学。情報技術分野では、マイクロコンピュータ工学、信号処理工学、ソフトウェア工学。通信技術分野では、情報通信工学など一つの分野に偏ることなく広い知識について実践的に学習。さらに三分野を統合した組込みシステムの企画・設計・製作・評価をおこないます。

専門課程 電子情報技術科の実習

ディジタル回路実習
電子サイコロを課題として、電子CADによるシミュレーション、プロトボード上での試作、動作確認、波形観測などを行い、ロジック回路などのディジタル回路設計の基本を習得します。
電子回路設計製作実習
電子機器の設計及び製作に必要な各種図面の作図法や電子CADを用いた回路基板設計、加工機を用いた基板作成などの電子回路設計・製作に関わる一連の流れを習得します。
組込み機器製作実習
電子マネーや自動改札機などに使用されている回路等の実践的な課題により回路設計からプログラミングまでの一連の流れを習得します。

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科の学べる学問

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科の目指せる仕事

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科の資格 

専門課程 電子情報技術科の受験資格が得られる資格

技能士補(※1)、2級技能士受験資格(※2) 
※1/専門課程修了時の技能照査合格(技能士補)により2級技能士の受験時の学科試験が免除 ※2/専門課程修了時の技能照査合格により学科免除の受験資格

専門課程 電子情報技術科の目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国>

    工事担任者(DD第一種)、2級電子機器組立て(電子機器組立て作業) ほか

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科の就職率・卒業後の進路 

専門課程 電子情報技術科の主な就職先/内定先

    ジオマテック(株)、SWS東日本(株)、パールナレッジ(有)、共伸プラスチック(株)宮城工場、ハイテクシステム(株)仙台支店、プライムエンジニアリング(株)、(株)原田伸銅所仙台工場 ほか

※ 内定先一覧

※2020年3月修了予定者内定先(2020年1月現在)※その他(20名)は東北職業能力開発大学校応用課程に進学予定

東北職業能力開発大学校 専門課程 電子情報技術科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒987-2223 宮城県栗原市築館字萩沢土橋26
TEL:0228-22-6614

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県栗原市築館字荻沢土橋26 JR東北本線「瀬峰」駅より、栗原市民バス栗原中央病院行25分「東北職能大学校前」下車、徒歩約2分
JR東北新幹線「くりこま高原」駅より東日本急行バス約12分 栗原市役所前 下車 徒歩約20分

地図

 

路線案内


東北職業能力開発大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/宮城)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る