• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本芸術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 演劇学科
  • 声優コース

日本芸術専門学校 演劇学科 声優コース

心を揺さぶる演技力と、幅広い現場で活躍できるスキルを持った“語り”のプロフェッショナルへ

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

目指せる仕事
  • アナウンサー

    ニュースやスポーツ実況などを、正しい発声法と美しい言葉で伝える

    ニュース原稿を読むことから、番組のナレーターや司会、スポーツなどの実況中継まで仕事の領域は広い。TV・ラジオ局に勤務する局アナと、プロダクションに所属またはフリーのタイプある。

  • ニュースキャスター

    ニュースを自分の言葉でわかりやすく伝える

    ただ原稿を読み上げるだけではなく、現場に取材に行ったり、ネタを選択したり、アナウンス原稿を自ら作る場合もある。適切なコメントを要求されることもあり、文章力や行動力とともにパーソナリティとしての個性も必要。

  • ナレーター

    映像に言葉をのせていく

    映画やドキュメンタリー、テレビドラマのナレーションなど、いろいろなナレーションがある。どれもきれいな日本語で、映像に合わせながら言葉をのせていくことが大事。テーマによって、語調も多少異なるため、センスや感性も要求される。

  • 声優

    アニメや映画の登場人物の言葉を感情豊かに表現する

    アニメーションやゲームのキャラクター、あるいは外国映画やドラマの登場人物などのセリフを自分の声で読み上げて、感情豊かに表現するのが声優です。登場人物のキャラクターを大切にしながら、話し方や動きに合わせてセリフを声に出すのは想像以上に難しく、熟練した技術と経験が必要な仕事です。近年の声優は吹き替えに加えて、CMやテレビ・ラジオ・ネット番組のナレーション、ラジオ番組のパーソナリティーなど、幅広く活躍しています。出演したアニメ番組や映画がヒットすると出演者同士でユニットを組み、主題歌や挿入歌などのCDを発売したりコンサートを開いたりすることもあります。

  • パーソナリティ

    番組の色を出していく要となる人

    TVの報道番組をメインで受け持ったり、ラジオ番組の進行を任されたり、その番組の要となる存在。自分の意見を持ち、オリジナリティを出しながら、番組を進行していく。広い視野とともに、問題意識を持ち、また自分の意見を的確に伝えられる才能も必要。

  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • カメラマン

    写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ

    広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。

初年度納入金:2023年度納入金 142万円  (入学金30万円、教育設備金42万円、授業料70万円。教材及び実習費、後援会費別。 2年次70万円)
年限:2年制

日本芸術専門学校 演劇学科 声優コースの学科の特長

演劇学科 声優コースの学ぶ内容

いかなるシチュエーションにも対応できる声優を目指し、幅広い基礎力や表現力を学ぶ
声優に必要な能力は見る者の心を揺さぶる演技力。呼吸法や発声法、発音といった声の出し方の基礎を徹底的に身につけた上で、感情表現や台本読解などのスキルを習得していきます。授業はアニメだけでなくナレーションや司会などにも対応。様々なシチュエーションに対応できる“語り”のプロフェッショナルを養成します。

演劇学科 声優コースのカリキュラム

魅力あふれる声の使い手として確かなスキルと演技力を養い、キャラクターに新たな命を吹き込む
柔軟な演技力と現場で必要とされる技術を磨けるカリキュラムを用意。実際に使用されている台本やVTRを用いて、キャラクターに命を吹き込むアフレコ体験や、朗読劇の演習を通じて表現力を磨きます。また、テレビ・ラジオ番組のナレーションやイベントの司会・進行など、声優に求められるスキルを幅広く指導します。

演劇学科 声優コースの授業

呼吸法や発声法・発音など「声の出し方」の基礎を身につける授業
アニメアフレコ/授業では本校のアフレコスタジオを使用し、声を武器に活躍できる声優を育成。プロが使用する外部のスタジオ実習もあり、より本格的なアドバイスも受けられます。
ナレーション/CM原稿やドラマ台本を題材に、声優に必要な「発声」と「発音」、「文字を音にする技術」について基礎から学びます。
実践的な演習を通じて、声優として活躍するためのスキルを身につける
実践的外画吹き替え/実際に使用されている台本や、VRTを用いて長編外画の吹き替えを学びます。
声優講座/「キャラクターボイス」、「MC」、「ラジオ」など声優として幅の広がるスキルを指導します。
舞台制作/1本の戯曲を上映することで、全身を使っての感情表現や、お客様の前で演じる楽しさを体感します。

演劇学科 声優コースの先生

講師陣はエンターテインメント業界のエキスパート!熱い指導でプロへの道を徹底サポート
エンターテインメント業界の第一線で活躍する実力を備えた講師陣が、一人ひとりの夢を全力でバックアップします。演劇、音楽、声優、ダンス業界など、各種専門分野での経験と実績を活かし、カリキュラムに基づく実践的な指導を実施。きめ細かなサポートを行い、エンターテインメント業界への最短の道を目指します。

演劇学科 声優コースの施設・設備

イベントに、レッスンに。才能を開花させるホールやスタジオを完備
授業や稽古はもちろん、イベントにも使用できるレッスンスタジオを完備。演劇・ダンス・ミュージカルなど様々なイベント・公演が行われる「山王ヒルズホール」は最大250人の収容が可能。学園祭や卒業公演の会場のみならず、普段の授業でも利用されています。照明や音響設備の整った環境で演出にこだわれるのも魅力です。

日本芸術専門学校 演劇学科 声優コースの学べる学問

日本芸術専門学校 演劇学科 声優コースの目指せる仕事

日本芸術専門学校 演劇学科 声優コースの就職率・卒業後の進路 

演劇学科 声優コースの主な就職先/内定先

    東宝芸能株式会社、スーパーエキセントリックシアター、株式会社TWIN PLANET、文学座附属演技研究所、株式会社アトミックモンキー、株式会社カレイドスコープ、株式会社フラッシュアップ ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

日本芸術専門学校 演劇学科 声優コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒143-0023 東京都大田区山王 2-12-13
TEL:03-3771-2111

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都大田区山王2-12-13 「大森(東京都)」駅から西口を出て徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT