• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中国職業能力開発大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 専門課程
  • 生産技術科

文部科学省以外の省庁所管の学校/岡山

チュウゴクショクギョウノウリョクカイハツダイガッコウ

生産技術科

定員数:
25人

豊富な実習で思い描くモノをカタチにできるエンジニアを目指す!

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

初年度納入金:2019年度納入金 55万9200円  (入学金、授業料を含む。諸費用:約10万円など別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

機械工学分野の知識を学び、多様な実験・実習を行う
工業材料や力学、設計や機械加工、機械制御などの機械工学分野の知識を学習。実験・実習において、力学の実験や材料試験、加工実験などの実験やCAD実習、測定実習、旋盤やフライス盤、NC工作機械の機械加工、精密加工、CAD/CAM、機械制御や溶接を学びます。

カリキュラム

ものづくりのプロを目指すためのカリキュラムを構成
機械設計、機械加工、測定を柱としたカリキュラムを構成しています。1年次では、工業材料や力学など、ものづくりに必要な知識を習得。実習や実験を通して、機械技術者としての技能・技術を身に付けます。2年次では、機械制御などの実習や実験を通して、より実践的な機械技術者としての技能・技術を習得します。

卒業生

【卒業生の声】仲間と協力して目標に向かって頑張れる!
高校では電気を学び、中国能開大では機械について学びたいと思い、生産技術科に入りました。授業を通して様々な実習をし、仲間と協力してものづくりをすることの大切さを学ぶことができました。勉学や資格取得ももちろん大事ですが、様々な場でコミュニケーション能力を鍛えておくとよいと思います。

卒業後

卒業後は、就職はもちろん、応用課程で学ぶことも可能!
専門課程卒業後は、就職だけではなく、応用課程に進学(試験あり)することができます。応用課程は、2年間で新製品の開発、生産工程の構築などに対応できる将来の生産技術・生産管理部門のリーダーを育成します。応用課程卒業後は、就職、もしくは他大学院などへの進学も可能です。

教育目標

技術革新に対応できる高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技術者を育成
工業製品は、一連の工程を経て出来上がります。これらの工程において必要となる技術を基本的なことから学ぶことができます。また、最新の機械を使用した実習主体のカリキュラム構成により、技術革新に対応できる高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技術者を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 2次元CAD利用技術者試験 (1級・2級 機械部門)

    技能士補  
    技能検定2級(機械加工、機械保全、機械・プラント製図)  
    品質管理検定(3級) ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アサゴエ工業(株) 、 冨士ダイス(株) 、 カワダ(株) ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※主な進学先:中国職業能力開発大学校応用課程

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒710-0251 岡山県倉敷市玉島長尾1242-1
TEL:086-526-6946(学務課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市玉島長尾1242-1 JR「新倉敷」駅 下車徒歩20分
JR「新倉敷」駅 両備バス「中国能開大」行き7分 下車すぐ

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

中国職業能力開発大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る