• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中国職業能力開発大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 専門課程
  • 電子情報技術科

文部科学省以外の省庁所管の学校/岡山

チュウゴクショクギョウノウリョクカイハツダイガッコウ

電子情報技術科

定員数:
25人

ハードウエア、ソフトウエア、ネットワークの3分野を学び、モノの動きをコントロールするエンジニアを育てる!

学べる学問
  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

初年度納入金:2019年度納入金 55万9200円  (入学金、授業料を含む。諸費用:約10万円など別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

コンピュータを自在にコントロールするための組込み技術を身に付ける
機器・装置に組込まれているコンピュータにさまざまな機能を持たせ、自在にコントロールするための組込み技術を身に付けることができます。具体的には、外部からの情報を取り込んだり、機器の動作を行うための制御信号を処理する電子回路の設計・製作技術などを習得します。

カリキュラム

電子情報の基礎情報や組込みシステム開発に必要な知識・技術を学ぶ
1年次では、電気工学・電子工学など基礎から学び、実験・実習を豊富に取り入れた授業体系により、ハードウエア・ソフトウエアの両面から組込みシステムに必要な基礎知識・技術を学びます。2年次では、1年次に学んだ基礎知識をベースとした応用技術を学習。組込みシステム開発に必要な実践的知識・技術を学びます。

卒業生

【卒業生の声】学校で学んだこと、企業実習を経験したことで自信がつきました
私は在学中の集中実習期間にカワサキロボットサービスで工場実習を行ったため、会社や仕事に対する不安がありませんでした。学校では電子回路の製作やプログラミングを勉強しました。この経験を生かして現場で配線の変更や動作プログラムの作成を行っております。今後は、対応できるロボットの種類を増やしていきたいです。

卒業後

卒業後は、就職はもちろん、応用課程で学ぶことも可能!
専門課程卒業後は、就職だけではなく、応用課程に進学(試験あり)することができます。応用課程は、2年間で新製品の開発、生産工程の構築などに対応できる将来の生産技術・生産管理部門のリーダーを育成します。応用課程卒業後は、就職、もしくは他大学院などへの進学も可能です。

教育目標

多くの製品に使われている「組込み技術」に携わるエンジニアを育成
携帯電話、デジタル家電、自動車など、多くの製品には「組込み技術」を使った小型コンピュータが搭載されています。その「組込み技術」に携わるエンジニアを育成するために「ハードウエア」「ソフトウエア」「ネットワーク」の3分野にまたがる実践的技術を学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国> (FE) 、
    • 応用情報技術者試験<国> (AP) 、
    • 工業英語能力検定試験 、
    • C言語プログラミング能力認定試験

    技能士補
    ウェブデザイン技能検定
    技能検定(電子機器組立て) ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    JFEスチール(株) 、 (株)フリーダム 、 図研テック(株) ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※主な進学先:中国職業能力開発大学校応用課程、四国職業能力開発大学校応用課程 ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒710-0251 岡山県倉敷市玉島長尾1242-1
TEL:086-526-6946(学務課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市玉島長尾1242-1 JR「新倉敷」駅 下車徒歩20分
JR「新倉敷」駅 両備バス「中国能開大」行き7分 下車すぐ

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

中国職業能力開発大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る