• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 東海医療科学専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 恒川 将大さん(臨床工学科/臨床工学技士)

愛知県認可/専修学校/愛知

トウカイイリョウカガクセンモンガッコウ

透析装置の弁調整は臨床工学技士の重要な仕事

先輩の仕事紹介

工学、医学の両方を学び、患者さんの役に立てる。それが最大の魅力。

臨床工学技士
臨床工学科 卒/2017年卒
恒川 将大さん

この仕事の魅力・やりがい

臨床工学技士として、病院内で主にオペ室業務、透析業務に携わっています。手術室に入るオペ室業務では、手術中の患者さんの血液の回収などを行います。最初にオペ室に入った時は、何が行なわれていて、自分が次に何をして良いかわからないことも多かったですが、一年ほど経験したことで、今はかなり慣れて手際よく業務を行うことができるようになりました。業務の8割を占める透析業務は機器の設定などを通して、患者さんと直接触れ合える場面です。透析には様々な症状の患者さんが訪れます。やっぱり患者さんの状況が透析により改善されていくのを見られるのが喜びです。患者さん個人に合わせた透析ができるようにと心掛けています。

分野選びの視点・アドバイス

就職先に関しては、みんな求人票を参考に職場を事前に見学すると思います。その際にはオペ室業務、透析業務など、自分がやりたいと思う仕事ができる勤務地を選ぶのも大事です。透析を中心に仕事をしたいならクリニックで働くという選択肢もあります。ただ、自分の場合はオペ室業務もやりたかったので病院での勤務を選んだんです。臨床工学技士は覚えることがたくさんあります! でも、難しいことが勉強してわかるようになると達成感を感じます。看護師さんから機器のことで質問を受けたり、他のメディカルの方とコミュニケーションを取る機会も多い。いろんな知識がある先輩を見ていると、「歩く百科事典だな」って尊敬できるんです。

ペースメーカーのチェックも行ないます

学校で学んだこと・学生時代

国家試験前は、授業が終わる17時前から20時くらいまで毎日、国家試験の補習をやってくれたことにとても感謝しています。毎週のように模試があって、模試のあとは個人別に分野ごとの正解率をグラフにしてくれるので、分野ごとに対策ができました。私は電子工学の分野が苦手でした。でも、集中的な補習を受けて、本番の国家試験では電子工学の点数が一番良かったんです! とても自信になりましたね。それに夏は「流しそうめん」、冬は「クリスマスパーティ」、「運動会」で盛り上がりました。しかも、全学年が参加して互いに士気を高め合うんです。イベントが終われば「みんなで国家試験に合格しよう!」というムードになっていました。

オペ業務は臨床工学技士3名1チームで臨みます

恒川 将大さん

名古屋共立病院 臨床工学室 臨床工学課勤務/臨床工学科 卒/2017年卒/臨床工学技士だった叔父の背中を幼少期から見てきた恒川さん。高校2年生の夏、叔父が過去に話してくれた「患者の生死に関わる大切な仕事なんだよ」という言葉を思い出し、臨床工学技士という仕事を目指しました。恒川さんは「東海医療科学専門学校は国家試験対策がとても手厚い上に、数か月に一度はみんなで楽しめるイベントがある。オン/オフを切り替える雰囲気も好きでした」と学生時代を振り返ります。オープンキャンパスでは実習室が見学でき、初めて透析の機械を間近で見て、漠然としていた臨床工学技士の仕事を具体的にイメージできたそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東海医療科学専門学校(専修学校/愛知)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路