• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 神戸常盤大学
  • 先生・教授一覧
  • 木村 英理教授(診療放射線技師)

こんな先生・教授から学べます

チーム医療で活躍する診療放射線技師を育てる先生

診療放射線技師
保健科学部 診療放射線学科
木村 英理教授
先生の取組み内容

「診療放射線技師」は、放射線という特殊な知識や技術を駆使して、患者さんの病気を見つけたり、治療をサポートする医療スペシャリストです。X線や磁場、超音波などを用いて体内の様子を画像化して診断する「画像診断」は、現在の医療において欠かせないものです。診療放射線技師は医師の指示のもと検査を行いますが、診断する医師よりも先に検査で得られた画像を目にします。私たちが適切な検査を行わないと、医師が病気を見つけられなかったり患者さんの状態を正確に把握することができなかったりすることもあります。この仕事は、専門的な検査技術だけでなく、疾患のことについてもとても深い知識が必要になります。神戸常盤大学では実習期間を長く確保し、現場で医師や患者さんと関りながら医療人としての心構え・スキルを身につけていきます。

技師が撮影した画像は医師の診断を左右します。多くの現場を経験し、それぞれのケースに合わせた対応が必要

授業・ゼミの雰囲気

診療放射線技師×心理学の学びで、現場で必要なコミュニケーション能力を養う「放射線カウンセリング学」

「診療放射線技師は検査室で検査を行う短い時間しか患者さんとお話しする機会がありません。その短い時間で患者さんに安心していただいたり、患者さんが抱く不安に気づいたりするには、私たちの態度や仕草、そして患者さんの観察やコミュニケーションカが必要になります。」と語る木村先生。目線、体の向きや位置に注意しながら、不安の元を把握し、わかりやすい言葉で説明するカウンセリング法など、専門的な放射線の知識と患者の心理やカウンセリング法などについて座学と実習を交えて学ぶ。神戸常盤大学・木村先生ならではの授業だ。

提携機関であるときわ病院(写真)など、多くの実習先を用意。1年次から現場で学ぶ機会が多いことも特長

キミへのメッセージ

病気の発見・治療のほか、予防医学の分野でも需要が高まる!診療放射線技師

責任は重いですが、大変やりがいのあるお仕事です。「早期!発見の力になりたい!」「患者さんの健康と笑顔を支えたい!」「みんなが病気にならないために!」と思った高校生のみなさん。一緒に勉強してみませんか?

趣味は野球観戦と天体観測。筑波の宇宙センターを訪問した写真を笑顔で見せてくれた木村先生。

木村 英理教授

宇宙にあこがれ、宇宙飛行士をめざして勉強していた学生時代。大学受験直前に体調を崩し、診療放射線技師の仕事に出会う。14年間大学病院などで診療放射線技師として勤務した後、医療系専門学校の教職を経て2019年4月、神戸常盤大学診療放射線学科の立ち上げから携わる。認定心理士の資格を取得し、心理学を利用した心のケアにも力を入れている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

神戸常盤大学(私立大学/兵庫)