• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 神戸常盤大学
  • 先生・教授一覧
  • 吉田 幸恵先生(口腔保健学)

こんな先生・教授から学べます

口腔ケアを通して全身を守る先生

口腔保健学
保健科学部 口腔保健学科 (2022年4月設置予定(構想中))
吉田 幸恵先生
先生の取組み内容

お口の健康は、体全体の健康状態にも影響することはご存知でしょうか?お口の中が不潔だと、歯ぐきが腫れて、炎症を引き起こし、そこから細菌が入り込み、血管内を流れて、心臓の病気になる恐れもあります。つまり、お口のケアはむし歯の予防だけではなく、体全体の健康に必要不可欠なのです。このことを広く皆さんにお知らせするのが歯科衛生士で、その歯科衛生士を育てるのが私の役割です。今や、歯科衛生士が働く現場は街の歯科診療所だけではありません。全身管理が必要な医療現場でも、術後の感染を防ぐため歯科衛生士がお口の中を綺麗にします。他にも介護施設や児童福祉施設などで予防歯科指導を行うなど、活躍の場は多岐にわたり、広がっています。歯科衛生士の働きで多くの人の健康を守ることにつながれば嬉しいですね。

歯科衛生士の社会的責任は深く、広く、重いもの。だからこそ、一生をかける価値のある仕事であると言えます

授業・ゼミの雰囲気

「街の歯医者さんで働くだけじゃない!」歯科衛生士が担う役割の全体像をわかりやすくつかめる授業を展開

吉田先生が担当する「歯科衛生士論」では、歯科衛生士の歴史から教育の変遷、医療や保健・福祉現場での業務内容、海外における歯科衛生士事情などを学び、歯科衛生士という職業への理解を深めます。専門分野に初めて触れる学生にも興味が持てるように、ご自身の実体験が満載された話と海外で歯科衛生士として働くゲスト講師を招いての授業が展開されます。学びを通して、歯科衛生士という職業の全体像を理解してもらい、この後に続く専門科目に対する学習意欲を高めることが授業の目的になっています。

学びの導入として学生をサポートする科目も設置。教員全員で学生個々を把握し、進度に合わせた指導を徹底

キミへのメッセージ

「人を支えたい!」という想いこそ、歯科衛生士にとって不可欠な要素です

歯科衛生士は人の役に立つやり甲斐のある職業です。人と関わるのが好き、人の役に立ちたい、乳幼児や高齢者の支援がしたい方、是非その気持ちを歯科衛生士として生かして下さい。素敵な歯科衛生士になれるはずです!

「学生時代に無歯科医地区の実情を知ったことが、歯科衛生士教育に携わろうと思ったきっかけの一つです」。

吉田 幸恵先生

所属:保健科学部 口腔保健学科 学科長(現:短期大学部 口腔保健学科)
大阪府立公衆衛生学院歯科衛生部を卒業後、一般開業歯科医院へ。歯科衛生士としてのスキルを磨き、母校で専任教員として歯科衛生士教育に携わり始める。大阪府立大学などで教鞭をとったのち、2017年4月より神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科に着任。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

神戸常盤大学(私立大学/兵庫)
RECRUIT