• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 彰栄リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 浦田 祐美子さん(作業療法学科昼間部/作業療法士)

東京都認可/専修学校/東京

ショウエイリハビリテーションセンモンガッコウ

楽しみながらリハビリができる、編み物の作業療法

先輩の仕事紹介

一人ひとり希望をうかがいながら、“かゆいところに手が届く”丁寧なリハビリが目標!

作業療法士
作業療法学科昼間部/2008年3月卒
浦田 祐美子さん

この仕事の魅力・やりがい

私が働いているデイサービス(通所介護施設)では、地域で暮らすお年寄りに向けて、生活上で必要な身体能力を回復・維持するためのさまざまな訓練を行っています。手工芸の個別プログラムや筋力トレーニングを通して、各人の身体機能の回復を目指していく一方、ご自宅を訪問するのも仕事の一部。手すりの位置や浴槽の形状を細かく確認し、必要に応じて介助に有効な福祉用具を提案します。先日は、入浴の際に背中を洗うのが難しいという方がいたので、その方の病状にあわせた自助具を作成することにしました。一人ひとりの希望をうかがいながら、“かゆいところに手が届く”丁寧なリハビリをしてあげられることが、この仕事の魅力です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

前職は介護事務です。結婚後に3人の子どもに恵まれ、子育てが落ち着いたタイミングでまず医療事務の仕事をはじめ、その後3年ほど介護事務をしていました。作業療法士に興味を持ったのは、訪問リハビリの事務所で働く専門職の方と話したことがきっかけです。“支える”という立場の介護から、より直接的に困っている人を助けられる仕事であることに魅力を感じ、自分もリハビリの技術を身につけたいと考えるように。また、リハビリ専門職の中でも理学療法士と作業療法士があることを知り、もともと編み物やガーデニングなど細かい手作業が好きだったことから、作業療法士を目指そうと決心。仕事を辞め、資格を取るために彰栄で学ぶことにしました。

手指の運動を訓練するための箸を模した自助具です

学校で学んだこと・学生時代

彰栄を選んだのは、通いやすさに加え授業料が比較的安かったのと、3年制で通常よりも早く卒業できるからです。期間が短い分、学びの密度は濃厚。「こんなに勉強するのは生まれて初めて!」と思うほどでした。1学年1クラスの少人数制であることから、教室の雰囲気はとてもアットホーム。高校を出たてという若い人もいれば、社会人経験豊富な人もいるなど、年齢と職歴はさまざま。でも、作業療法士になりたい、そのために国家資格をとりたいという共通の目標を持っているため、励ましあいながら楽しく勉強できる環境でした。家族の協力もあり、試験は無事に一発合格!国家資格を得たことで、念願の作業療法士としての道を一歩踏み出せました。

利用者の病状や生活について、スタッフ同士で情報共有

浦田 祐美子さん

ベストリハ訪問看護ステーション/作業療法学科昼間部/2008年3月卒/彰栄リハビリテーション専門学校を卒業後は、7年ほど老人保健施設で働いていたという浦田さん。介護事務時代の同僚がデイサービスを立ち上げるにあたり、声をかけてくれたことが転職のきっかけになったという。作業療法士として長く介護の現場で経験を積んだことから、昨年はケアマネジャーの資格も取得した。「私自身がそうでしたが、結婚や子育てで一時的に社会から離れてしまっても、資格があれば復職は容易です。介護、医療と職域も広く、パート勤務も選択できることから、作業療法士はとくに女性におススメの職業です」と、イキイキとした表情で語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

彰栄リハビリテーション専門学校(専修学校/東京)