• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 近畿リハビリテーション学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 池田 遥さん(第一理学療法学科(昼間部)/理学療法士)

人の為になる仕事をしたいと思い、理学療法士の道へ。

先輩の仕事紹介

自分のサポートで、患者さんの状態が良くなっていく事にやりがいを感じます!

理学療法士
第一理学療法学科/2019年卒
池田 遥さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

理学療法士は、病気やケガによる後遺症や障がいを持った患者様の運動機能回復などをサポートするのが仕事です。私は現在、病院で理学療法士として患者様ひとり一人の状態に合わせた治療プログラムを考え、リハビリテーションや退院後の指導を行っています。患者様に寄り添いながらリハビリを重ね、無事退院し、「あなたのおかげで元気になって退院できる」と前向きな言葉を聞けたときは、苦しかったことや辛かったことも吹き飛んでいきます。ひとりでも多くの患者様を笑顔にするためには患者様の気持ちに親身に接していけるかが重要だと思います。他の人が気づかない様々なところに目を配り、患者様の人生をサポートして行きたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

昔から漠然と人のためになる仕事がしたいと考えていました。進路に悩んでいた高校3年生の頃、親戚のリハビリを実際に見に行く機会がありました。その時、理学療法士の患者様の生活を理解した上で、治療プログラムの検討や環境設定を行い、患者様が幸せに生きることに貢献できる仕事に魅力を感じ、とてもやりがいのある仕事だと思い、理学療法士を目指すようになりました。今の仕事では患者様の立場に立って考えるようにしています。まだまだ未熟な点も多く、技術を磨く必要はありますが、患者様の話や訴えをしっかり聞き、少しでも患者様の支えになれるよう頑張って行きたいです。

患者様の幸せに少しでも貢献できるよう頑張りたいです

学校で学んだこと・学生時代

近畿リハビリテーション学院は、多くの医療専門職の中で理学療法士のみに特化した学校なので、1つの分野に集中して取り組むことができると思い選びました。少人数制教育である為、先生や学生同士の距離が近く、同級生とは国家試験、その他の勉強の際にも共に教え合い、理学療法士になるべく切磋琢磨していました。実習では、座学の授業だけでは学べない実際の臨床技術を学ぶことができました。実際に患者様に触れさせていただいたり、また、先生がリハビリテーションを行い患者様が良くなっていく姿を見て更にやりがいを感じ、実習を通して、理学療法士としても人間としても成長できたと思います。その時の経験は、確実に“今”に生きています。

近リハで学んだ経験が今の仕事に生きています

池田 遥さん

医療法人 大植会 葛城病院勤務/第一理学療法学科/2019年卒/「近畿リハビリテーション学院は、先生と学生の距離が近く、先生が常に勉強のサポートをしてくれる良い学校です。みなさん、是非1度オープンキャンパスに行って、自分の目で雰囲気を確認してみてください!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

近畿リハビリテーション学院(専修学校/大阪)
RECRUIT