• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • オイスカ開発教育専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際協力科

静岡県認可/専修学校/静岡

オイスカカイハツキョウイクセンモンガッコウ

国際協力科

定員数:
40人

国際協力・農業の現場で活かせるマネジメント力や語学・農業技術を身につけ、国内外で活躍できる人材を育成

学べる学問
  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究するのが農学です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

目指せる仕事
  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 青年海外協力隊員

    開発途上国に赴いて現地の開発事業に協力する日本人ボランティア

    アジア、アフリカなどの開発途上国に派遣され、現地でコミュニティー開発、防災・災害対策、上下水道の整備、森林保全、スポーツ指導などさまざまな事業に協力するボランティア。独立行政法人 国際協力機構(JICA)が募集しており、対象は20~39歳の日本人。派遣される期間は原則として2年間。往復旅費、現地生活費、住居費などは支給されるが報酬はない。募集職種によっては、大卒以上の学歴や実務経験、該当分野の専門知識・技術が問われる。青年海外協力隊への参加を足掛かりに、NGOや国際機関での国際協力活動に進む人も多い。

  • レンジャー(自然保護官)

    国立公園の自然を守り、適切な利用をすすめる

    自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのがレンジャーの仕事。利用者への自然保護の解説、野生生物の保護なども大切な仕事だ。なるには、国家公務員試験にパスし、環境省に採用される以外にレンジャーになる道はない。

  • 樹木医

    老木や街路樹の診察・治療をする、木のお医者さん

    木の病気は樹種の特性によって違い、また原因も病気、虫、気象、土壌障害など実にさまざま。そのため、求められる専門知識もかなりハイレベル。樹木医になるには、樹木医研修を受けることになるが、造園業や林業関係者、大学の研究所などで7年以上の実務経験が必要だ。実際の認定者も林業に関わりを持つ人が多い。

  • 農業

    米や野菜、花からハーブまで、自然の中で育てて生産するスペシャリスト

    農業は、自然の中で、季節を感じながらさまざまな農作物を自分の手で生産するのが仕事です。農業を始めるにあたって学歴や特別な資格は必要ありませんが、土作りから収穫まで、育てる作物やその土地の気候、地質によって異なるので、土や肥料についての知識や経験が必要になります。家が農家の場合は実践を積むのが近道ですが、そうではない場合、それらの知識を身につけるには農学部のある大学や農業の専門学校、農業大学校などを経て、個人事業者として開業するか、農業法人、企業の農業研究機関に就職する方法があります。最近では、無農薬栽培や有機栽培、また生命科学(バイオサイエンス)などを応用した作物の栽培も注目され、農業の幅は広がっています。ただし、台風や積雪などの天候に左右されて収入が不安定になりやすい、難しい仕事でもあります。長く安定的に続けるためには専門的な知識を常に学んでいくことも大切です。

  • 林業

    山や森林から木を切り出し、木材として取引きする

    山に入り、必要な種類の木を育て、また、山から木を切り出して出荷、取引きをする。木は、切り続けるだけでは無くなってしまうだけでなく、自然環境にも影響をおよぼす。そのため最近では、森林計画や造林事業などを計画作成し、治山や林道調査・設計をする専門技術員も出てきている。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 82万5000円  (入学金・学費・諸費用・施設費含む、寮費・食費は別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

2年生後期に実施される4ヶ月の海外研修で実践力を身につける
1年生から語学や国際協力の基礎を学び、2年生後期には海外研修(基本的に東南アジア)へ向かいます。海外研修では、気候はもちろん設備も日本とは全く条件の異なる環境で活動。前半は現地スタッフから熱帯農業の指導を受け、後半は国際協力の現場実習や現地調査を行いながら、それぞれのテーマに沿って個人研究を実施します。
1200時間を超える圧倒的な農業実習で農業スキルを修得
農業実習は、学校保有の水田と畑で行われます。このため、年間を通じての継続的な実習が可能で、種蒔きから収穫までの一連の過程を体験することができます。また先進的な農家や農業生産法人などでのインターンシップも行います。これらの実習を通して基礎から応用までの農業スキルを修得します。

授業

現場で使える語学を学ぶ「英語基礎集中プログラム」
入学直後から「英語基礎集中プログラム」が始まります。授業は、少人数制で個人のレベルに合わせて構成。英語をどれだけ知っているかではなく、英語をどれだけ話せるかに焦点をおき、コミュニケーション能力を育みます。また、留学生との異文化交流を通じて多様な価値観も学ぶことができます。
現場の生の声を知るチャンス。農業に関わる方々の講話で、幅広く農業を捉える習慣をつける
本校では、農業従事者の「生」の声を聞くことを重要視。JAをはじめ、地元の先進的な農家、流通業者など農業に関わる方を訪問、あるいはお招きして講話をしていただいています。生の声を聞き、農業従事者と近い考え方・感覚を身につけることで、農業実習や他の経験に活かすことができます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    いつか東南アジアの人たちに農業で貢献する日のため、生まれて初めての農作業や、農機具の運転を勉強中

    高3の時にフィリピンに行き、現地の人の明るさと優しさに感動。将来、この人たちのために働こうと決めました。また「食」は人間の原点ですから、本校でゼロから農業を学ぼうと思いました。

    オイスカ開発教育専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    日本で学んだことを活かし、帰国後、現地で活躍できるリーダーを育てます

    公益財団法人オイスカの四国研修センターで海外研修生の指導や育成を行っています。研修生が日本の生活に慣れるよう手助けするのはもちろん、農業や日本語の指導、事務、調理など業務内容は多岐にわたります。まだ1年目ですが、研修生のお手本となるよう心がけていることは、履物をそろえたり、時間を…

    オイスカ開発教育専門学校の卒業生

研修制度

長期の海外研修プログラム・国内農業現場でのインターンシップの一例
■海外研修
○フィリピン・ネグロス島バゴ研修センター
→環境保全の調査・研究、養蚕についての研究、熱帯農業、語学研修
○インドネシア・ジャワ島スカブミ県研修センター
→女性生活改善プロジェクト、子供の森プロジェクトの調査、熱帯農業
■国内農業インターンシップ
先進的な農家、農業生産法人等でインターンシップを実施

奨学金

奨学金制度や国内就農予定者への交付金制度があります
1.独立行政法人 日本学生支援機構の「奨学金の制度」
2.国の制度である「農業次世代人材投資資金(準備型)」。これは卒業後、国内就農を目指す学生を交付対象とし、要件を満たせば、1年間最大150万円(最長2年間)が在学中に交付されます(本校は同資金認定の全国型教育機関)。
詳しくは本校までお問い合わせください。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 、
    • TOEFL iBT(R)テスト 、
    • 実用英語技能検定(英検(R)) (2級・準1級・1級) 、
    • フォークリフト運転技能者<国> 、
    • 車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習<国> (小型) 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国> (農業用品目) 、
    • 日商簿記検定試験 (3級)

    大型特殊免許(農耕車) 
    環境管理士
    農業簿記検定(日本ビジネス技能検定協会)(3級) ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    公益財団法人オイスカ 、 神谷理研(株) 、 (株)アイメッツ 、 自営農家 、 (有)佐野 、 (株)Veggy 、 農業組合法人サンフラワー 、 袴田ファーム 、 (株)ジャスティスプラス ほか

※ 2018年3月卒業生実績

その他、海外協力(NGO、青年海外協力隊)、農業(生産法人、自営農家、関連企業)、大学編入等の道があります

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒431-1115 静岡県浜松市西区和地町5815
TEL.053-486-5770 入試係
sengaku@oisca.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
静岡県浜松市西区和地町5815 「浜松」駅前バスターミナル1番ポール発 舘山寺温泉行バス 35分 和地停留所下車 徒歩 5分

地図

 

路線案内


オイスカ開発教育専門学校(専修学校/静岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る