• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ベルエポック製菓調理専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 横井 さららさん(調理師科(2年制)/シェフ)

南欧のリゾート感が漂う空間が自慢のレストランです

先輩の仕事紹介

お客様の笑顔がモチベーションに。経験を積んで、シェフとして成長していきたい!

シェフ
調理師科/2017年卒
横井 さららさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ホテルの調理部に所属し、コールド場を担当しています。コールド場で作られるのは、文字通り「冷たい」料理。仕込みや盛り付けを行うのが私の仕事です。仕事をしていて何より嬉しいのは、できなかったことに何度も挑戦してできるようになること。専門学校で技術を学んでも、プロの現場に入るとうまくできないことがたくさんあるので、卒業しても学び続けなければいけません。大変なこともありますが、階段を上るように一つひとつできることが増え、お客様に私の料理を味わっていただく機会が増えていく。笑顔で料理を召し上がっているお客様の姿を見ると「また頑張ろう!」と意欲がわいてきますし、この仕事を選んでよかったと心から思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

食べることも食事を作ることも好きで、仕事で忙しい家族によく料理を作っていました。「おいしい!」と言ってもらえるととても嬉しくて、いつしか家族以外にもたくさんの人に自分の料理を味わってほしいと思うようになりました。最初は製菓に興味があり、製菓を学べる学校を調べていると、東京ベルエポック製菓調理専門学校を発見! 学校見学に行くとイメージどおりの明るい学校でした。 また、調理師科に入って、調理師として必要な製菓の技術も学べると知り、入学を決めました。卒業後はいろいろな種類の調理場で経験を積もうと思い、ホテルを志望。これからもたくさん経験を積んで、シェフとして成長していきたいです。

手順をしっかり守って仕込みの作業を進めます

学校で学んだこと・学生時代

フレンチの授業では、調理場で使うフランス語もたくさん習いました。それらを指導してくれたのが、現在の職場の大先輩でもある外部講師の飯塚シェフなんです。調理の現場では想像していた以上にフランス語の単語が飛び交うので、専門学校でしっかり学んだことがとても活かされています。学生時代に使ったフランス語のプリントは、今でも大切にしていて、時々復習もしているんです。在学中は先生や講師の方々から現場の話もたくさん聞かせていただきました。そうした話は就職活動の際にとても参考になり、現場でも役に立っています。就職や仕事に直結する専門学校での学びの数々を思い返すと、この学校を選んで本当によかったと思っています。

オープン前の準備は、慌ただしくも丁寧に行います

横井 さららさん

東京ディズニーリゾート(R)オフィシャルホテル グランドニッコー東京ベイ舞浜 勤務/調理師科/2017年卒/入社後はホテルの調理部に配属され、調理師として仕込みや盛り付け、デザートを担当。「リクエストに応じて、お皿にチョコレートで文字や絵を描いていました。そのお皿を直接お客様にお持ちすることも多かったのですが、お客様に喜んでいただくと本当に嬉しくて、感激したことをよく覚えています」(横井さん)。ホテルの調理場にはさまざまな仕事があるので、ワクワクしながらどの仕事にも全力投球する毎日。5年目を迎え、できることが増えるにつれて任される仕事も増えてきたそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京ベルエポック製菓調理専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT