• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • HAL東京
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 長谷川 健太さん(CG・デザイン・アニメ4年制学科/デジタルアーティスト/CGデザイナー)

今、仕事が本当に楽しいんです

先輩の仕事紹介

チームで挑んだ大舞台、CGデザイナーとして成長を実感

デジタルアーティスト/CGデザイナー
HAL東京 CG映像学科(昼)/2016年3月卒
長谷川 健太さん

この仕事の魅力・やりがい

太陽企画に入社後、即戦力として自社コンテンツのプロモーションムービーの制作にCGデザイナーとして携わり、さらに某大手企業のWEB CM制作メンバーにも抜擢。国際的に活躍するアーティストのミュージックビデオや大手化粧品メーカーのテレビCMなど、数多くのビッグプロジェクトにも関わってきました。最も思い出に残っているのが、テレビの生放送で使用されたCGの仕事。納期ぎりぎりまで制作し、放送当日は出演者やカメラの動きに合わせてCGを動かさなければいけません。失敗が許されない緊張感あふれる本番を乗り切って迎えた打ち上げは、最高の気分でした。あの仕事は1人では心が折れていた、仲間と一緒だからがんばれました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

CGに興味を持ったのは高校時代。将来、どんな働き方をしたいかを考えたとき、真っ先に浮かんだのが「スーツで働きたくない」ということでした。その条件に合う仕事を調べるうちに、興味を惹かれたのが映画やTVといった映像業界。中でもCGという表現方法に強く惹かれたのです。様々な映像表現の中で、唯一どうやってつくられているのか全くわからなかったのがCGでした。逆に興味が出てきて、勉強してみたいなと思ったのです。しかし、当時の私は部活動のテニスに打ち込んでいたスポーツ少年で、PCの操作も全くわからない機械音痴。そんな自分がしっかりCGを学ぶためには、4年制で学べるHALがいいと思いました。

学校で学んだこと・学生時代

全くの初心者からのスタートでしたが、教官の丁寧な指導や同じ夢を追う仲間たちとの切磋琢磨を通して実力をつけていきました。3年次の担任がたまたま元太陽企画のCGデザイナーだったこともあり、技術だけでなく働き方や業界の特性などを学ぶことができました。何よりも得難い経験だったのは仲間たちとのチーム制作。特に2年生の時に経験した「PROJECT HAL」は、東京、大阪、名古屋、各校の学生がそれぞれチームを組み、プロと同じスケジュール、同じクオリティのHALのテレビCM制作に挑むという前代未聞のチャレンジ。株式会社白組のディレクター岩本晶氏のもと、チームの一員として最後までやり遂げたことは、今でも誇りです。

長谷川 健太さん

太陽企画株式会社勤務/HAL東京 CG映像学科(昼)/2016年3月卒/HAL在学中に、自校のテレビCMを制作する「PROJECT HAL」の一員としてCG制作を担当。卒業後は太陽企画株式会社に入社し、人気アーティストのミュージックビデオや大手化粧品メーカーのテレビCMなどのCG 制作を手がける。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
HAL東京(専修学校/東京)