• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 山形
  • 酒田調理師専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 高度調理技術科

酒田調理師専門学校 高度調理技術科

定員数:
40人

2年間でよりレベルの高い調理技術を習得。多彩な知識と教養を兼ね備えたプロフェッショナルを育成します

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • 和菓子職人

    和菓子作りの達人。繊細な和の世界観・季節感を菓子に表現

    和菓子職人は和菓子を専門に手がける菓子職人です。和菓子は歴史ある日本の伝統的なお菓子であり、和菓子職人はわび・さび、季節感など、“日本ならでは”を表現することを大切にしています。蒸す・焼く・練るといった技法をベースに、自然の美しさや芸術性を自らの感性で感じ取り、小さな菓子に表現します。資格や免許が必要な職種ではありませんが、一人前になるまで時間と努力を要します。和菓子職人になるには製菓専門学校で和菓子独特の技術を学び、和菓子店や和菓子メーカーに就職するのが一般的ですが、和菓子屋の門を叩き、弟子として下積みから和菓子職人を目指している人もいます。世界中で和食ブームの今、和菓子への注目も高まっており、和菓子職人が世界で活躍することも夢ではありません。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

初年度納入金:2022年度納入金 124万円  (その他年間必要経費)
年限:2年制

酒田調理師専門学校 高度調理技術科の学科の特長

高度調理技術科の学ぶ内容

調理の世界を多角的に学習。知識・技術はもちろん、外国語やビジネス実務も身につける
和・洋・中の料理をはじめ、和・洋菓子、製パンといった、様々な技術を実習を通して身につけます。多彩な知識・教養を持つプロを育てるため、英会話・フランス語やビジネス実務も学習。他にも、提携校である国際フード製菓専門学校の通信課程を卒業すると、製菓衛生師受験資格が取得できるなど、幅広く学ぶことが可能です。

高度調理技術科のカリキュラム

2年次では、1年次の倍の実習時間に!実践を繰り返し、確かな技術を持った料理人へ成長
1年次は、包丁を持ったことがない人も料理好きの人も、みんな一緒に基礎から技術と知識を身につけます。2年次になると、製菓・製パンの実習が入り、実習時間が1年次のほぼ倍になります。他にも、イタリア料理・ふぐ料理・寿司・ラーメン・華道・陶芸など、多彩な特別講座も用意されています。

高度調理技術科の授業

日本・中国・西洋料理研修、校外研修、料理作品展など、見て・ふれて・味わって、多くを経験
講義・実習はもちろん、体験を通じた学習も充実しています。日本・中国・西洋料理研修では、有名レストランでプロの調理を見学したり、プロからのテーブルサービスやマナーを体験したりします。横浜中華街や豊洲市場への視察、地域の方々を招いての1年に1度の料理作品展など、様々な経験をします。

酒田調理師専門学校 高度調理技術科の学べる学問

酒田調理師専門学校 高度調理技術科の目指せる仕事

酒田調理師専門学校 高度調理技術科の資格 

高度調理技術科の取得できる資格

  • 調理師<国>

高度調理技術科の目標とする資格

    • 専門調理師・調理技能士<国> (技術考査に合格した者は、学科試験免除) 、
    • サービス接遇検定 (3級) 、
    • 製菓衛生師<国> (国際フード製菓専門学校の通信課程を卒業した者)

    食育インストラクター

酒田調理師専門学校 高度調理技術科の就職率・卒業後の進路 

高度調理技術科の主な就職先/内定先

    東京食彩(株)、(株)ト一屋、(社)休暇村庄内羽黒、(株)東洋食品 櫛引給食センター、(株)Patisserie Joli-Jolie(パティスリー ジョリジョリー) ほか

※ 2021年3月卒業生実績

酒田調理師専門学校 高度調理技術科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒998-0023 山形県酒田市幸町2-10-12
0234-22-0397

所在地 アクセス 地図・路線案内
山形県酒田市幸町2-10-12 JR「酒田」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT