• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 大竹栄養専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高山 明子さん(栄養士科/栄養士)

「おいしい」の言葉に、私も元気をもらっています!

先輩の仕事紹介

おいしい食を提供して、ほんの一部でも人の生活を支えられる栄養士を目指したい

栄養士
栄養士科/2018年3月卒
高山 明子さん

この仕事の魅力・やりがい

私の主な仕事は、保育園で子どもたちや職員の方々が食べる給食の献立を考えたり、作ったりすることです。それらにプラスして、お箸の持ち方や食事のマナー、三色食品群についてのレクチャーといった、食育を行うこともあります。イベントや行事の際には給食をバイキング形式にすることもあるので、子どもたちが喜んでくれそうなメニューの作成や盛り付けにも奮闘しています。まだまだ学ぶことが多い毎日なのですが、子どもたちや職員の方々からの「おいしい!」の言葉から、いつも元気をもらっていますね。自分が考えた献立をみんなに喜んでもらえたり、食べ残しが少なかったときは、最高にうれしいです!

学校で学んだこと・学生時代

もともと大学で勉強していましたが、一から栄養士の資格取得を目指しました。とはいえ、学校生活や勉強についていけるのか、正直不安でいっぱいでした。大竹栄養専門学校に進学を決めるときには、自宅からの距離や学費などももちろん考慮しましたが、基礎からしっかり学べること、実習の多さ、少人数制できめ細かい指導を受けられることが何よりの魅力でしたね。先生方がとても親身になってくださるので、わからないことや不安に思ったことは、すぐに相談することができました。クラスメイトから学ばせてもらったり、思いがけないところで元気をもらうことも多く、かけがえのない日々となりました。

喜んでもらえるメニューを考え、心をこめて調理する

これからかなえたい夢・目標

今はまだ、目の前の仕事を覚えることや、こなすことに精一杯の毎日。でも、おいしい食、子どもたちや職員の方々に喜んでもらえる食を提供することで、人の生活のほんの一部でも支えられるような、素敵な栄養士になれるように、これからも学んでいきたいと思っています。食って、とっても大事ですよね。人の健康を支えるものでもありますし、落ち込んでいるときだって、おいしいものを食べると元気になれる。おいしくてワクワクするような食を提供して、さっきまで泣いていた子をニコニコ笑顔にしたり、日々大変な仕事をされている職員の方々がホッとできるひとときをプレゼントできたらいいなと思います。

日々の仕事に真剣に向き合い、栄養士として成長したい

高山 明子さん

社会福祉法人愛光学舎 愛光第五保育園勤務/栄養士科/2018年3月卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大竹栄養専門学校(専修学校/東京)