• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 新潟
  • 新潟職業能力開発短期大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 専門課程
  • 住居環境科

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科

定員数:
20人

自然と住居と人の心地よい関係を作り出すため、住空間の計画や設計をはじめ、幅広い知識・技術を身につけた人材を育成

学べる学問
  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工監理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への申請手続きや届け出もする。

  • CADオペレーター

    コンピュータを使って建築用図面や設計図を作成

    CADとはComputer Aided Designの略で、鉛筆の代わりにライトペンやタブレットを用いてコンピュータ画面で設計を行うシステム。CADシステムは、建築会社をはじめ、各種機器メーカー、デザイン関連会社、自動車、航空機、通信などさまざまな業界で導入されている。

  • 大工

    家屋などの建造物を造る職人

    家屋や橋の築造をする仕事。建築士の描いた図面にもとづき、施工管理士の指示を得ながら実際に建築物を組み立てていく。家屋大工のほかに、伝統的な建築物を専門に手がける宮大工、数寄屋大工などがある。

  • 土木施工管理技士

    工事全体の計画、監督者

    トンネルやダム、橋梁建設工事前などに、土地の土質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決める。さらに工事全体の計画を立て、監督業務や指導をする仕事。大きなプロジェクトでは、複数の管理技士が分担してあたることもある。

  • 建築施工管理技士

    建築現場のディレクター

    ビルや家など、さまざまな建築工事現場で、建築物の品質、資材や人員の管理、費用の管理、工期の管理、周辺の一般人の保護などすべてを管理し、コントロールする人。一般・特殊建設業の営業所が必ず置く人材の一つ。

  • 建築設備士

    空調や電気など建物設備の設計と監理

    空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う。ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをする。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要がある。

  • 建設会社営業

    ビルやマンションから橋、ダムなど公共建造物まで、様々な建築物を建てることを提案・受注する。

    建設会社の営業の仕事は非常に幅広い。土地を所有する個人や企業に対してマンションやビルなどを建設することを提案して受注することもあれば、公共事業に入札するために営業が動く場合もある。また、自社で建設・開発した商業施設へのテナント誘致の営業を行うこともある。建設会社によって作るものや規模は異なるが、営業は地域社会と企業をつなぐ役目を果たすということは共通している。プロジェクトが始動すると順調に進んでいるか常に気を配る。建築に関しての深い知識以上に人間関係やチームワークがきちんととれることが大切。

  • 住宅メーカー営業

    自社で開発した住宅を販売する。すでにある住宅を販売することもあれば注文に応じてアレンジすることも。

    住宅専門のメーカーでは、自社で開発した住宅や注文住宅などを請け負い、建設する。ショールームや見本住宅などで接客をし、営業をするケースが多いが、担当地域を回って、リフォームや建て替えなどの営業を行うこともある。営業が顧客の希望や思い、予算をしっかり聞き出し、それに沿ったプランを設計に依頼。受注した後は、建築のスケジュール管理を行い、引渡しまで責任を持つ。営業によっては、簡単な設計図は自ら引くこともできる知識を持っている人もいれば、まったく建築とは関係ない勉強をしてきて、営業を行っている場合もある。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 55万9200円  (教科書等諸経費が別途必要)
年限:2年制

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科の学科の特長

専門課程 住居環境科の学ぶ内容

建築技術者に必要な知識・技能・技術をトータルに学ぶ
住環境計画・設計、法規、材料・構造、施工など、住宅をはじめとした建築に関する広範で基礎的な知識を身につけます。実験・実習を重視しており、実験では材料特性を調べたり、環境測定を行ったりします。また設計実習やCAD実習で設計技術や図面作成技術を学ぶのに加え、施工実習で自らの手で制作まで行うことも特徴です。

専門課程 住居環境科の実習

「私は知っている」から「私はできる」へと成長できる実習
2年次に行う総合制作実習では、個人またはグループで1つのテーマに取り組みます。テーマは学生自らが選定。担当教員の指導のもと、企画・計画・準備・制作・中間発表・課題の抽出と解決提案・最終プレゼンテーション・報告書作成へと進めます。専門分野を絞り、深く学ぶ内容で「私はできる」へと成長できる実習です。

専門課程 住居環境科の学生

興味のあることを学ぶことは楽しい!
少人数制ならではの団結力で、クラスのみんなと毎日切磋琢磨して学んでいます。たくさんの課題に追われることもありますが、仲間と協力し、時には先生に助言をいただきながら乗り越えています。専門分野を深く学べるのですが、基礎から学習していくので建築の学習が初めての方でも安心です。(2年 O.Hさん)

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科の学べる学問

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科の目指せる仕事

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科の資格 

専門課程 住居環境科の受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (登録には実務経験が4年必要) 、
  • 二級建築士<国> 、
  • 木造建築士<国> 、
  • 建築大工技能士<国> (2級・3級)

専門課程 住居環境科の目標とする資格

    • 建築CAD検定試験

    2級建築施工管理技士補〈国〉(第1次検定のみ受験可)

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科の就職率・卒業後の進路 

専門課程 住居環境科の主な就職先/内定先

    (株)アイダ設計、ダイキンHVACソリューション新潟(株)、(株)たかだ、一級建築士事務所OKUZAWA、(株)鈴木組、(株)夢ハウス、(株)小川組、小柳建設(株)、ダイエープロビス(株)、ジェイペック(株)、丸勝建設(株)、ハーバーハウス(株)、(株)堀内組、新発田建設(株)、(株)日乃出江口 ほか

※ 2021年3月卒業生実績

さらに高度な技能・技術を修得するため、職業能力開発大学校の応用課程(2年間)に進学することができます

新潟職業能力開発短期大学校 専門課程 住居環境科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒957-0017 新潟県新発田市新富町1-7-21
TEL:0254-23-2168

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新発田市新富町1-7-21 「新発田」駅西口より徒歩20分

地図

 

路線案内


新潟職業能力開発短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/新潟)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT