• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知医療学院短期大学

私立短期大学/愛知

アイチイリョウガクインタンキダイガク

34年の歴史と実績が「人間力」あるリハビリテーションのプロを育成します。

医療を中心に、福祉・保健・行政など拡大する職域に対応できる高い技術を持った理学療法士・作業療法士を育成。専門教育34年間で培った人材育成の実績をベースに、豊かな人間性の育成にも力を入れています。

愛知医療学院短期大学の特長

学校の特長1

34年におよぶ専門教育実績のノウハウと臨床経験豊かな講師陣を配置

超高齢社会を支えるリハビリテーションの専門家育成を目指す本学は、経験豊かな講師陣をそろえています。理学療法士、作業療法士を中心に、医師、薬剤師、看護師など、さまざまな医療職者を配置し協働できる能力を習得できるよう指導していきます。さらに、学習アドバイザーによる細かく行き届いた指導を、学生一人ひとりに行っています。講師陣は知識、技術は当然のことながら、豊富な臨床経験をもとに、医療人としてのプロ意識や生命観を育てることを目指し、患者さまへの温かな接し方も指導しています。本学はこの分野において、中部地区では最も歴史ある学校のひとつであり、多年の教育実績と卒業生の活躍は本学の誇りです。

学校の特長2

中部地区を中心に、1550名を超える卒業生の活躍が在校生を支えます

授業以外の場面でも、先輩・後輩の枠を超えて学生同士が自主的に教え合い「みんなで資格を取得しよう」という雰囲気あふれる本学。同じ目的を持って学ぶため、学生同士の交流・団結力は抜群です。また、クラブ・サークル活動や、学校祭などのイベントも盛んに行い、学生同士の絆を深めています。1550名を超える卒業生で組織する「同窓会ネットワーク」もあり、卒業後も第一線で活躍する先輩たちと、情報交換や仕事の相談ができるなど、成長をバックアップしてくれる卒業生に囲まれています。また、卒業生を対象とした卒後研修やスキルアップセミナーも開催するなど、先輩たちと触れ合える卒業生ネットワークが構築されています。

学校の特長3

歴史が実績に差をつけます。同窓会ネットワークなども活用して就職を全面サポート

前身の「専門学校 愛知医療学院」時代を含む34年間の歴史と実績により、各医療機関から高い評価を得ています。そのため毎年、高い就職実績を誇り、卒業生たちは、中部地区をはじめ全国の医療機関などの施設で活躍しています。就職対策も万全で、学生の希望と求人先の内容調査に基づいた個人指導を徹底。また、同窓会や臨床実習先などのネットワークを生かしたバックアップで就職を推進し、学生の希望に合った就職を教員全員がサポートします。

右へ
左へ
学校の特長1

34年におよぶ専門教育実績のノウハウと臨床経験豊かな講師陣を配置

超高齢社会を支えるリハビリテーションの専門家育成を目指す本学は、経験豊かな講師陣をそろえています。理学療法士、作業療法士を中心に、医師、薬剤師、看護師など、さまざまな医療職者を配置し協働できる能力を習得できるよう指導していきます。さらに、学習アドバイザーによる細かく行き届いた指導を、学生一人ひとりに行っています。講師陣は知識、技術は当然のことながら、豊富な臨床経験をもとに、医療人としてのプロ意識や生命観を育てることを目指し、患者さまへの温かな接し方も指導しています。本学はこの分野において、中部地区では最も歴史ある学校のひとつであり、多年の教育実績と卒業生の活躍は本学の誇りです。

学校の特長2

中部地区を中心に、1550名を超える卒業生の活躍が在校生を支えます

授業以外の場面でも、先輩・後輩の枠を超えて学生同士が自主的に教え合い「みんなで資格を取得しよう」という雰囲気あふれる本学。同じ目的を持って学ぶため、学生同士の交流・団結力は抜群です。また、クラブ・サークル活動や、学校祭などのイベントも盛んに行い、学生同士の絆を深めています。1550名を超える卒業生で組織する「同窓会ネットワーク」もあり、卒業後も第一線で活躍する先輩たちと、情報交換や仕事の相談ができるなど、成長をバックアップしてくれる卒業生に囲まれています。また、卒業生を対象とした卒後研修やスキルアップセミナーも開催するなど、先輩たちと触れ合える卒業生ネットワークが構築されています。

学校の特長3

歴史が実績に差をつけます。同窓会ネットワークなども活用して就職を全面サポート

前身の「専門学校 愛知医療学院」時代を含む34年間の歴史と実績により、各医療機関から高い評価を得ています。そのため毎年、高い就職実績を誇り、卒業生たちは、中部地区をはじめ全国の医療機関などの施設で活躍しています。就職対策も万全で、学生の希望と求人先の内容調査に基づいた個人指導を徹底。また、同窓会や臨床実習先などのネットワークを生かしたバックアップで就職を推進し、学生の希望に合った就職を教員全員がサポートします。

右へ
左へ
学校の特長1

34年におよぶ専門教育実績のノウハウと臨床経験豊かな講師陣を配置

超高齢社会を支えるリハビリテーションの専門家育成を目指す本学は、経験豊かな講師陣をそろえています。理学療法士、作業療法士を中心に、医師、薬剤師、看護師など、さまざまな医療職者を配置し協働できる能力を習得できるよう指導していきます。さらに、学習アドバイザーによる細かく行き届いた指導を、学生一人ひとりに行っています。講師陣は知識、技術は当然のことながら、豊富な臨床経験をもとに、医療人としてのプロ意識や生命観を育てることを目指し、患者さまへの温かな接し方も指導しています。本学はこの分野において、中部地区では最も歴史ある学校のひとつであり、多年の教育実績と卒業生の活躍は本学の誇りです。

学校の特長2

中部地区を中心に、1550名を超える卒業生の活躍が在校生を支えます

授業以外の場面でも、先輩・後輩の枠を超えて学生同士が自主的に教え合い「みんなで資格を取得しよう」という雰囲気あふれる本学。同じ目的を持って学ぶため、学生同士の交流・団結力は抜群です。また、クラブ・サークル活動や、学校祭などのイベントも盛んに行い、学生同士の絆を深めています。1550名を超える卒業生で組織する「同窓会ネットワーク」もあり、卒業後も第一線で活躍する先輩たちと、情報交換や仕事の相談ができるなど、成長をバックアップしてくれる卒業生に囲まれています。また、卒業生を対象とした卒後研修やスキルアップセミナーも開催するなど、先輩たちと触れ合える卒業生ネットワークが構築されています。

学校の特長3

歴史が実績に差をつけます。同窓会ネットワークなども活用して就職を全面サポート

前身の「専門学校 愛知医療学院」時代を含む34年間の歴史と実績により、各医療機関から高い評価を得ています。そのため毎年、高い就職実績を誇り、卒業生たちは、中部地区をはじめ全国の医療機関などの施設で活躍しています。就職対策も万全で、学生の希望と求人先の内容調査に基づいた個人指導を徹底。また、同窓会や臨床実習先などのネットワークを生かしたバックアップで就職を推進し、学生の希望に合った就職を教員全員がサポートします。

右へ
左へ

愛知医療学院短期大学からのメッセージ

★オープンキャンパス2017★

オープンキャンパス開催中!!
学校のこと、理学療法士・作業療法士の仕事のこと、不安なこと何でも聞いてください!!詳細は本学ホームページ等をご覧ください!

(7/24更新)

愛知医療学院短期大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

理学療法士

佐藤 健二さん

ダンス好きの高校生が四肢不全麻痺に! 再び生きる希望を取り戻したとき、彼は…

学費(初年度納入金)

2017年度納入金/170万円
(教材費等が別途必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数59名
就職者数59名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

同窓会や実習先との太いネットワークを活用して、就職を応援!

高齢化社会が進み、リハビリテーションの専門家に対するニーズは、ますます高まりをみせています。その求めに応えるために、本学では就職指導・支援の充実を図っています。<1>学習アドバイザーによるきめ細やかな就職指導、フォローアップ体制の整備 <2>34年の歴史のなかで蓄積された就職活動データの活用 <3>小論文・接遇・面接等の就職対策講義 <4>個別の面接指導 <5>3年生に最新求人情報を毎週メール配信――さらに、永年培ってきた臨床実習先・卒業生の就職先や同窓会などとのネットワークを生かして、毎年高い就職率を達成しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報部

〒452-0931 愛知県清須市一場519
TEL:052-409-3311

所在地 アクセス 地図・路線案内
城北キャンパス : 愛知県清須市一場519 JR「清洲」駅から徒歩 7分
名鉄「新清洲」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月17日 16:15 BLOG

    10/14(土) 今年度最後のオープンキャンパスを開催しました 理学療法学ブースの体験授業は、鳥居昭久先生による「障がい者スポーツの世界」 障がい者スポーツの紹介や、参加者の皆さんには障がい者スポーツで使用される競技用車椅子の乗車体験をしてもらいました 学生スタッフらも競技用車椅子に乗って、お手本を見せています 競技用車椅子を初めて間近で見たという方も多く、みなさん楽しんで体験していました 作業療法ブースのテーマは「脳の働きと作業療法~認知症と認知症予防の作業療法~」ということで、認知症高齢者と作業療法の研究をしている山下英美先生が担当 参加者の皆さんと一緒に、簡単な運動や脳トレを実践しました 学生とのティータイムでは、普段の学校の様子や勉強のことなどオープンキャンパスに参加したからこそ聞ける話をしており、みなさん学生の話に興味津々でした 足元が悪い中、ご来学いただきありがとうございました。   今回が今年度最後のオープンキャンパスでしたが、まだミニオープンキャンパスがあります 日程は本学祭と同日開催。学祭とミニオープンキャンパスに参加して、 思いっきり愛知医療で楽しんでいってください 日程は11月19日(日)10:00~15:00です。 ご予約はこちらから勿論、学祭だけの参加も可能ですのでお時間がある方はぜひ本学学祭にお越しください お待ちしております

    http://yuai.blog.so-net.ne.jp/2017-10-17

  • 2017年10月16日 12:14 BLOG

      平成29年10月14日(土)、学校法人佑愛学園創立35周年を迎え、学生、教職員、理事が列席し記念式典を挙行しました。 丹羽理事長は、創立から今日までの歴史を振り返り、長年の努力が着実に実を結んでいることを実感していると語りました。また、建学の精神『佛心尽障』(知恵と慈しみの心を持って障がいを有する人々の心身を広く支える)について説明し、これまで多くの卒業生が地域医療を支え続けていることに感謝しました。平成29年度からは、18歳人口が減少することが見込まれているが、本学のような実学教育の短期大学は大学の独自色を出したスクールカラーで勝負できる。小さくてもキラリと光る短期大学でありたいと述べました。   舟橋学長は、この機会に本学がどのような考えのもとに教育を実践しているかについて説明しました。教育理念・3つのポリシーに従って教育を行っている。現代のような混沌とした社会において、本学の学習成果により国家資格を取得し、職に就けば、正職員として安定した社会生活を送ることができる。18歳以上の皆さんは選挙権を得ている。投票権を得るということは大人になったということであり、大人としての義務を果たす必要がある。人にも自分にも恥ずかしくない生き方をしてほしい。中国に「天知る、地知る、我知る、子知る」ということわざがある。他人は知らないと思っても、天地の神は見ているし、自分もあなたも知っているという意味である。太陽に向かって胸を張って堂々と生きる人生を過ごしてほしいと訓示しました。   続いて、これまでの歩みを画像で振り返るとともに、愛知医療学園応援歌で締めくくりました。今後も教育理念達成のために、構成員全員で努力し続ける所存です。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いします。 学校法人佑愛学園法人本部長 小川由美子  

    http://yuai.blog.so-net.ne.jp/2017-10-16

  • 2017年10月11日 11:13 BLOG

    今回は修文女子高等学校にて出前講義を行ってきました 担当されたのは、本学理学療法学専攻の助教で心臓リハビリテーションや運動生理学の研究をされている臼井晴信先生です まずは、理学療法と作業療法の違いについて治療法や専門分野の観点から説明していただきました。 その後、生徒の皆さんには聴診器や血圧計を使って心臓の音や呼吸音を聞いてもらいました。 聴診器を初めて触ったという生徒さんも多く、 「色々な体験が出来て楽しかった。より一層理学療法士・作業療法士の仕事に興味が沸いた。」 と感想を言ってくれた子もいました」 生徒の皆さんには、楽しい時間を過ごせていただけたかと思います ありがとうございました

    http://yuai.blog.so-net.ne.jp/2017-10-11

  • 2017年10月04日 12:13 BLOG

    10/2(月) 本学と同じ清須市内にある学校、愛知県立新川高等学校にて出前講義「障がい者スポーツを知ろう!~パラリンピック教育~」を実施してきました 講師はもちろん、本学理学療法学専攻教授の鳥居昭久先生 特別講師に、車椅子バスケットボールの女子チーム「Briliant Cats」で活躍さている有川美穂選手をお招きし、体験授業を行っていただきました  高校1年生の男子計208名を2グループにわけ、各グループ約50分間の講義を行いました 最初に、鳥居先生による障がい者スポーツの紹介やパラリンピックについての説明をしていただいた後、有川選手と一緒に車イスバスケットボールを体験してもらいました  車いすバスケットボールを間近で見るのが初めてという生徒も多く、有川選手の迫力あるプレーに思わず感嘆の声を漏らす子も・・・ 実際に競技用車椅子に乗ってプレーを体験してもらうと、真っ直ぐ進めずその場でぐるぐる回ってしまう生徒もいましたが、シュートを決めたときは、その場にいた全員から自然と拍手が起こるほどの盛り上がりをみせました   普段の生活だと、目にすることができない障がい者スポーツを間近で見て、体験できたことは高校生の皆さんにとって貴重な経験になったはず。 東京パラリンピックの開催も近づいてきているので、今回の講義をきっかけに障がい者スポーツにも興味を持ってくれたら嬉しいです ありがとうございました

    http://yuai.blog.so-net.ne.jp/2017-10-04

  • 2017年10月03日 16:13 BLOG

    2017年9月20日(水)名古屋栄にある丸善名古屋本店にて第1回選書ツアーを開催しました。選書ツアーとは学生の皆さんに本屋へ行ってもらい本学Book Shelf(書庫)に置く本を選んでもらう企画です。参加者は学生と教職員合わせて4名でした。90分ほどかけて様々なジャンルから、ゆっくり楽しく43冊を選書しました参加した学生からは「楽しかった」、「課題の際にあったらいいな、と思う本を選ぶことができた」などの意見がありました 選書された本はラーニングコモンズに展示中です。(貸出できます)どんな本が選ばれたのか、手に取って確認してみてください

    http://yuai.blog.so-net.ne.jp/2017-10-03-1

愛知医療学院短期大学(私立短期大学/愛知)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる