• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 愛知医療学院短期大学
  • 奨学金

【給付型】提携教育サポートプラン利子補給奨学金制度(全学部共通)

対象
本学が提携するオリコ学費サポートプランを利用する者。           
学業、人物ともに優秀であり、経済的支援を必要とする方が対象とする。
他の奨学金や融資額の合計が年間の学納金以下であること。
家庭の総収入が年間400万円以下であること。(課税証明書等の要提出)
給付額
在学3年間を限度として年間4.5万円以内
在学3年間を限度
人数
年5名
募集時期
随時
備考
融資額100万円までの利子分を、卒業までの最大3年間補給します。
1年ごとの総合審査により継続の可否を決定します。

【給付型】夢サポート奨学金A(全学部共通)

対象
3年生進級確定者で学業、人物ともに優秀で、学業継続意志が固く、家計の急変等による経済的支援を必要とする者
申請受付は2年生後期とし、学業および面接の総合審査により選考する。
半期ごとの総合審査により給付を中止し、即時返還を求めることがある。
給付額
145万円以内
人数
年1名
募集時期
2年生後期

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
家計基準があり、日本学生支援機構の定める収入基準以下であることが必要です。
給与所得:783万 給与所得以外:375万
・第一種奨学金(無利子貸与)については、学力基準があります。
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円、3万円、4万円、5万3千円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
4月
備考
在学中に家計の急変(主たる家計支持者の死亡、病気、失業・災害等の被災者となった場合等)があった場合は随時奨学金の申し込みが可能です。ただし、日本学生支援機構の定める条件を満たす場合に限られます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
家計基準があり、日本学生支援機構の定める収入基準以下であることが必要です。
給与所得:830万 給与所得以外:422万
・第一種奨学金(無利子貸与)については、学力基準があります。
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円、3万円、4万円、5万円、6万円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
4月
備考
在学中に家計の急変(主たる家計支持者の死亡、病気、失業・災害等の被災者となった場合等)があった場合は随時奨学金の申し込みが可能です。ただし、日本学生支援機構の定める条件を満たす場合に限られます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
家計基準があり、日本学生支援機構の定める収入基準以下であることが必要です。
自宅 給与所得:1,126万給与所得以外:718万
自宅外 給与所得:1,173万給与所得以外:765万
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
2万円~12万円(1万円単位)から選択
利子
利子
募集時期
4月
備考
在学中に家計の急変(主たる家計支持者の死亡、病気、失業・災害等の被災者となった場合等)があった場合は随時奨学金の申し込みが可能です。ただし、日本学生支援機構の定める条件を満たす場合に限られます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与(有利子貸与)(全学部共通)

対象
家計基準(4人世帯の給与所得者で、およその年収が400万円以下)を満たす方、それ以外で、日本政策金融公庫の『国の教育ローン』を利用できなかったことの証明書類を提出できる方
奨学金の種類
入学時特別増額貸与
貸与(総額)
10・20・30・40・50万円の中から希望額を選択
利子
利子
備考
入学時の初回振込に増額できる制度
※特別増額貸与のみを申し込むことや入学前に貸与を受けることはできません。

【貸与型】夢サポート奨学金B(全学部共通)

対象
学業、人物ともに優秀であり、家計の急変等による経済的支援を必要とする方
貸与(総額)
80万円以内
返還詳細
返還期間:卒業後より最大5年の分割返済とします。
利子
無利子
人数
年6名
募集時期
新入生:4月
在学生:3月
学費(初年度納入金)
愛知医療学院短期大学/奨学金