• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 愛知医療学院短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 星野 茂さん(リハビリテーション学科/理学療法士)

患者さんに寄り添い、支えてあげられるのが嬉しい。

先輩の仕事紹介

高校生で車いす生活となった患者さんが、数年後、赤ちゃんを連れてきてくれました。

理学療法士
理学療法科(2008年4月よりリハビリテーション学科理学療法学専攻に改組)
星野 茂さん

この仕事の魅力・やりがい

いまも忘れられない患者さんは、脊椎損傷で下半身マヒとなった高校生です。最初のうち彼は「どうして自分だけ!」という怒りでとても苦しんでいました。そこで、腕の筋力強化などのリハビリをしながら彼の話に一生懸命耳を傾け、車いすバスケの見学に一緒に行ったりと、同じ時間を過ごすうちに徐々に障がいを受け入れることができ、明るさを取り戻していきました。それから何年後だったでしょうか。ある日、結婚して父親になったと、赤ちゃんを連れてきてくれたのです。いまも彼は車いす生活ですが、人間同士のごく普通のお付き合いができるのが嬉しいですね。体の障がいは残りましたが、彼のリハビリは成功だったと考えています。

業界ココだけ話!

私が理学療法士をめざしたころは、まだあまり知られていない職業でした。「どんな仕事だろう」と調べてもほとんど情報がなく、病院でケガをした患者さんを相手にする仕事なんだろうなということくらいしかわかりませんでした。それがいまでは、16万人以上の理学療法士がいて、病院以外にも活躍の場が広がっています。対象とする領域も、ケガなどの整形外科領域だけでなく、脳卒中後のマヒ、心臓や呼吸器疾患の運動療法、ガン患者さんの生活の質の向上、スポーツ選手のケアなど、多種多様になっています。特に近年は、介護予防や健康寿命の向上といった効果にも注目が集まっていて、本院でも積極的に取り組んでいます。

リハビリの対象は、多種多様になっています。

これからかなえたい夢・目標

日本における理学療法士の歴史はおよそ半世紀。科学的なデータに基づく研究も進み、理学療法士という職業の認知度も上がってきましたが、私は理学療法士にできることはもっと無限にあると思っています。たとえば、バリアフリーの住まいづくりや安全な街づくりなどにも、私たちの知識を活かすことはできるでしょう。将来的には、街づくりをする際に理学療法士の意見を取り入れることが必須条件となったり、医師や看護師と同様に理学療法士がいなければ病院をつくれなくなるなど、理学療法士が社会のなかのあらゆるシーンでなくてはならない存在になることをめざしています。これからの理学療法士の可能性は無限大ですよ!

リハビリの記録を入力するのも大切な仕事です。

星野 茂さん

蒲郡市民病院 勤務/理学療法科(2008年4月よりリハビリテーション学科理学療法学専攻に改組)/卒業後、理学療法士として蒲郡市民病院に勤務。現在、同病院のリハビリテーション科技師長として、部下の指導のほか、いまも毎日リハビリの現場に立ち患者さんと向き合う時間を大切にしている。同時に、診療技術局長も兼務しており、理学療法士や作業療法士だけでなく診療放射線技師や臨床検査技師、管理栄養士なども束ねる重い職責を果たしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛知医療学院短期大学(私立短期大学/愛知)