• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 近畿医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 清原 大貴さん(柔道整復学科/監督・コーチ)

身体を大切にいたわることの大切さを子どもたちに伝えていきたいです

先輩の仕事紹介

自身の経験を子どもたちへ伝える!医療と身体の仕組みを知る野球指導者

監督・コーチ
柔道整復学科/2017年卒
清原 大貴さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、高校の野球部のコーチをしています。私が高校生の頃は努力と根性の時代でしたが、今はそれではいけません。選手、生徒たちのクセや特性を的確につかみ、それぞれに合う練習と対処、言葉とアドバイスを届ける必要があります。スポーツは身体の限界への挑戦であり、限界値を押し広げる世界ですが、これ以上プレーしても良いのか、休ませるべきかの判断はとても難しいものです。野球を教えながら、身体こそ、最高の「道具」でありパートナー、そして身体こそ自分そのものなのだから、大切に使い、いたわることも教えていきたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

プロ野球の投手として、大好きな野球を職業にできる喜びを感じていた入団2年目、右肩の痛みが始まりました。症状が悪化していく中、何とかしようとあらゆる治療を試み、訪れた整骨院、病院は80軒以上。あきらめかけていた矢先、出会ったのが近畿医療専門学校の小林理事長でした。ゴッドハンドとも評される施術は言うに及ばず、苦しんでいた私に「以前の自分に戻そうとするのではなく、ケガを受け入れ、今の状態からベストを作ろう」という言葉をかけてくださいました。その言葉は本当にありがたかった。小林先生のように高い技術と言葉でアスリートを支えられるよう、選手を引退した後、スポーツトレーナーをセカンドキャリアに選びました。

小林理事長との出会いが、この仕事をめざすきっかけになりました

学校で学んだこと・学生時代

野球指導者となった今、近畿医療専門学校で人の身体、構造を学べて本当に良かったと思っています。知っているようで実は何も知らない自分の身体。プロスポーツ界にいた自分にとっても授業はいつも新鮮な驚きの連続でした。身体をメンテナンス方法はもちろん、異変が起きた時に対処法を知っているという安心感と自信を身につけることができた学生生活でした。

在学中に学んだことが今の仕事にも役立っています

清原 大貴さん

私立興國高等学校 野球部コーチ/柔道整復学科/2017年卒/高校時代には甲子園出場を果たし、卒業後ドラフト指名を受け、プロ野球チームに入団。投手として活躍した清原さん。退団後のセカンドキャリアとして選んだのが、アスリートを支えるスポーツトレーナーだった。自身が現役時代に故障して悩んでいたときに支えてくれた近畿医療専門学校の小林理事長のように「高い技術と言葉でアスリートを支えたい」と語ってくれた。現在は、高校の野球部のコーチとして、球児を心身ともにサポートしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

近畿医療専門学校(専修学校/大阪)