• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 近畿医療専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 影山 舞先生(応用固定実技・上肢実技・柔道整復理論)

こんな先生・教授から学べます

自身の体験談を交えて、臨床現場でのリアルを伝える先生

応用固定実技・上肢実技・柔道整復理論
柔道整復学科 
影山 舞先生
先生の取組み内容

骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの損傷を施術によって回復に導くのは、柔道整復師だからできることです。柔道整復師は、患者さんの痛みをやわらげ、サポートすることができる、やりがいのある仕事なのです。けれど、施術を行うこと、患者さんをサポートすることには、とてつもない勉強と努力と時間が必要です。一人前の柔道整復師になるには、大変なこともありますが、患者さんをサポートすることができたときの喜びも感じることができるのもこの職業の良いところです。そんな喜びを学生たちに感じてもらえるよう、日々の授業に臨んでいます。

近畿医療専門学校の柔道部OGの影山先生。現在はスポーツトレーナーとしても活躍中

授業・ゼミの雰囲気

教科書には載っていない、リアルな体験談を聞ける授業

影山先生の授業の特長は、臨床現場での豊富な体験談を聞けること。座学では、教科書に書いてあることだけではなく、実際の現場で体験した事例を取り入れて、必要な基礎知識を分かりやすく学ぶことができます。また、実技の授業では、卒業後に現場で即戦力となれるよう、包帯やテーピングの技術を指導。「柔道整復師になりたいという気持ちを大切にして、技術と知識を磨けば、自分の努力次第で施術の幅も広がります」と話してくれました。

臨床現場での体験談を交えて、分かりやすく指導します

キミへのメッセージ

柔道整復師になるために一緒に頑張りましょう

「人の痛みをやわらげてあげたい」、「人のサポートをしたい」など、きっかけはどんなことでも大丈夫。その気持ちさえあれば十分だと思います。自分の思い描く柔道整復師になるために一緒に頑張ってみませんか?

影山 舞先生

大阪府出身。大阪府立守口東高等学校卒業後、近畿医療専門学校 柔整学科へ。2018年同校を卒業後、整骨院勤務を経て、現在はだいすけ鍼灸整骨院にて勤務中。少年野球のトレーナー活動など、スポーツトレーナーとしても活動している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

近畿医療専門学校(専修学校/大阪)