• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 近畿医療専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 節原 弘和先生(柔道整復師)

こんな先生・教授から学べます

医療とスポーツの現場で必要とされる技術を追究する先生

柔道整復師
柔道整復学科 スポーツ科学コース
節原 弘和先生
先生の取組み内容

自分自身が柔道整復師として最も尊敬している恩師に教わったことを学生にも伝えたいと考えています。具体的には柔道整復術の基礎や怪我に対する応急処置などを中心に指導しています。急性期の患者さんは整骨院にはなかなか来られませんが、恩師のもとにはアスリートの方や怪我をされた方が数多く来られていました。そんな恵まれた環境で得られた経験を積極的に伝えるようにしています。
現在は社会人バスケットボールの大会で救護も担当しています。大会救護は臨機応変に対応することが求められ、現場は常に緊張感であふれています。急性期の患者さんを前にすると怖さを感じることもあります。しかし、その感覚こそ大事で、「慣れ」で処置をするのではなく、自分の処置が患者さんに与える影響を考えながら接するように意識しています。

臨床現場や大会救護を通して先生自身も日々技術を磨き、学生たちへ最新の情報を伝えている

授業・ゼミの雰囲気

学生一人ひとりが理解できるよう一工夫。人と社会に貢献できる柔道整復師を育てる

節原先生が担当するのは、包帯の巻き方やテーピングを実践する「包帯実技」と下肢の損傷に関する知識を学ぶ講義「下肢軟部組織損傷」。先生の授業はわかりやすさが特長。臨床現場での事例も写真や映像を使って丁寧に解説しています。「自分自身が勉強が苦手だったので、あったら嬉しい資料や指導は誰よりも理解しています。学生目線でほしい情報を与えられる教員でありたいです」と先生は語ります。学生たちが遊びと勉強のメリハリのある学生生活を過ごし、社会に貢献できる柔道整復師になれるよう全力でサポートしています。

学生目線のわかりやすい授業が人気の節原先生。自身の経験談や事例を交えて丁寧に指導している

キミへのメッセージ

少しでも興味があれば、ぜひ一歩踏み出して人や社会に貢献してみませんか

怪我をした経験やスポーツをした経験があってもなくても関係ありません。柔道整復術に少しでも興味があれば、ぜひ挑戦してほしいと思います。人のために自分を捧げられるプロになりましょう!

節原 弘和先生

専門科目:下肢軟部組織損傷、包帯実技/略歴:アパレル業界勤務や和食の料理人を経て、柔道整復師になった異色の経歴をもつ節原先生。料理人時代に体調を崩して通いはじめた整骨院の先生や妻の勧めもあり、35歳で柔道整復師資格を取得した。2019年より本学に着任。現在はバスケットボールや格闘技をはじめとする各種スポーツ大会の救護スタッフとしても活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

近畿医療専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT