• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京環境工科専門学校

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウカンキョウコウカセンモンガッコウ

東京環境工科専門学校の風景

豊富な実習を通して人と自然環境、人と野生動物との共生・共存を実現するプロを目指す

総単位数の3割が実習。業界をリードする実務経験者による指導と、自然の中でのリアルな体験により、実践力が着実に身に付きます!さらに160を超える企業・団体と連携し、産学一体で自然を守るプロを育成します。

東京環境工科専門学校の特長

東京環境工科専門学校の特長1

好きを学び、知識と技術を身に付け、自然を守るプロになる

自然と野生動物を最前線で守るために、幅広い知識と高度な技術が必要とされます。東京環境工科専門学校では、この知識と技術を身に付けるため、当校独自の講義・実習カリキュラムが組まれています。講義では生きものの基礎知識から、自然の大切さを伝え広める環境教育の知識などを学びます。また実習ではアウトドアテクニックから森林を保全する技術、そして傷ついた野生動物を救う技術まで、多岐にわたる技術を習得します。東京環境工科専門学校では都内のキャンパスでの講義と、国内外での実習を反復的に受けることによって、自然を守るプロを目指します。

東京環境工科専門学校の特長2

国内・海外で開催!総単位数の3割の実習で“自然を守る力”を身に付ける

国内には屋久島をはじめとした3箇所の実習場を構え、さらに視野を広げるべくインドネシア、アルゼンチン、南アフリカでの海外実習も行っています。屋久島実習では動植物のレクチャーから、シュノーケリング技術の習得、さらには自主テーマに沿った自然調査活動まで行います。屋久島の自然を深く知り、そして自分の足で巡ることで、自然の雄大さと人と自然との関わりについて体感しながら学べます。アフリカ実習では傷ついたサイを保護し、自然に返すための野生動物リハビリテーションを実践。そこでしか体感できない自然と触れ合い、その場所場所での自然保護活動に参加することで、世界がぐっと近づき視野が広がります。

東京環境工科専門学校の特長3

自然を守るステージは広い。自然環境業界への就職サポートプログラム

自然や野生動物を守る仕事のほとんどは、公共性が高い仕事です。国家公務員・地方公務員をはじめ、自然を守る活動を行っているNPO法人、各種企業に就職することで、自然の中で自然を守り伝えるプロとして活躍できます。これらのプロの業務は自然公園の維持管理や希少野生生物の保護対策、野生生物の現況調査など多岐にわたります。当校では自然を守る仕事への就職をかなえるために、樹木医補などの資格取得から、インターンシップ活動、面談、さらには公務員合格ゼミなどの充実した就職サポートプログラムを実践しています。学生の真の魅力と自然環境業界の人材ニーズ・自然の仕事をつなげていくことが当校の特徴です。

右へ
左へ
東京環境工科専門学校の特長1

好きを学び、知識と技術を身に付け、自然を守るプロになる

自然と野生動物を最前線で守るために、幅広い知識と高度な技術が必要とされます。東京環境工科専門学校では、この知識と技術を身に付けるため、当校独自の講義・実習カリキュラムが組まれています。講義では生きものの基礎知識から、自然の大切さを伝え広める環境教育の知識などを学びます。また実習ではアウトドアテクニックから森林を保全する技術、そして傷ついた野生動物を救う技術まで、多岐にわたる技術を習得します。東京環境工科専門学校では都内のキャンパスでの講義と、国内外での実習を反復的に受けることによって、自然を守るプロを目指します。

東京環境工科専門学校の特長2

国内・海外で開催!総単位数の3割の実習で“自然を守る力”を身に付ける

国内には屋久島をはじめとした3箇所の実習場を構え、さらに視野を広げるべくインドネシア、アルゼンチン、南アフリカでの海外実習も行っています。屋久島実習では動植物のレクチャーから、シュノーケリング技術の習得、さらには自主テーマに沿った自然調査活動まで行います。屋久島の自然を深く知り、そして自分の足で巡ることで、自然の雄大さと人と自然との関わりについて体感しながら学べます。アフリカ実習では傷ついたサイを保護し、自然に返すための野生動物リハビリテーションを実践。そこでしか体感できない自然と触れ合い、その場所場所での自然保護活動に参加することで、世界がぐっと近づき視野が広がります。

東京環境工科専門学校の特長3

自然を守るステージは広い。自然環境業界への就職サポートプログラム

自然や野生動物を守る仕事のほとんどは、公共性が高い仕事です。国家公務員・地方公務員をはじめ、自然を守る活動を行っているNPO法人、各種企業に就職することで、自然の中で自然を守り伝えるプロとして活躍できます。これらのプロの業務は自然公園の維持管理や希少野生生物の保護対策、野生生物の現況調査など多岐にわたります。当校では自然を守る仕事への就職をかなえるために、樹木医補などの資格取得から、インターンシップ活動、面談、さらには公務員合格ゼミなどの充実した就職サポートプログラムを実践しています。学生の真の魅力と自然環境業界の人材ニーズ・自然の仕事をつなげていくことが当校の特徴です。

右へ
左へ
東京環境工科専門学校の特長1

好きを学び、知識と技術を身に付け、自然を守るプロになる

自然と野生動物を最前線で守るために、幅広い知識と高度な技術が必要とされます。東京環境工科専門学校では、この知識と技術を身に付けるため、当校独自の講義・実習カリキュラムが組まれています。講義では生きものの基礎知識から、自然の大切さを伝え広める環境教育の知識などを学びます。また実習ではアウトドアテクニックから森林を保全する技術、そして傷ついた野生動物を救う技術まで、多岐にわたる技術を習得します。東京環境工科専門学校では都内のキャンパスでの講義と、国内外での実習を反復的に受けることによって、自然を守るプロを目指します。

東京環境工科専門学校の特長2

国内・海外で開催!総単位数の3割の実習で“自然を守る力”を身に付ける

国内には屋久島をはじめとした3箇所の実習場を構え、さらに視野を広げるべくインドネシア、アルゼンチン、南アフリカでの海外実習も行っています。屋久島実習では動植物のレクチャーから、シュノーケリング技術の習得、さらには自主テーマに沿った自然調査活動まで行います。屋久島の自然を深く知り、そして自分の足で巡ることで、自然の雄大さと人と自然との関わりについて体感しながら学べます。アフリカ実習では傷ついたサイを保護し、自然に返すための野生動物リハビリテーションを実践。そこでしか体感できない自然と触れ合い、その場所場所での自然保護活動に参加することで、世界がぐっと近づき視野が広がります。

東京環境工科専門学校の特長3

自然を守るステージは広い。自然環境業界への就職サポートプログラム

自然や野生動物を守る仕事のほとんどは、公共性が高い仕事です。国家公務員・地方公務員をはじめ、自然を守る活動を行っているNPO法人、各種企業に就職することで、自然の中で自然を守り伝えるプロとして活躍できます。これらのプロの業務は自然公園の維持管理や希少野生生物の保護対策、野生生物の現況調査など多岐にわたります。当校では自然を守る仕事への就職をかなえるために、樹木医補などの資格取得から、インターンシップ活動、面談、さらには公務員合格ゼミなどの充実した就職サポートプログラムを実践しています。学生の真の魅力と自然環境業界の人材ニーズ・自然の仕事をつなげていくことが当校の特徴です。

右へ
左へ

東京環境工科専門学校からのメッセージ

☆ 10/1~12/31 推薦入試 願書受付中!
☆推薦入試は、入学金15万円、全額免除の特典あり!

◇ オープンキャンパス 午後1時から開催
10/27(日)、11/9(土)、11/16(土)、11/24(日)
12/7(土)、12/14(土)、12/22(日)

(10/18更新)

東京環境工科専門学校の学部・学科・コース

東京環境工科専門学校の学費(初年度納入金)

2019年度納入金 128万5000円
(教材・用具・実習費を含む)

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

東京環境工科専門学校の既卒者向け画像
豊富な実習授業で、人と自然の共生を実現する技術者を育成!

人間社会の基盤ともいえる自然環境。本校では「自然の多様性を理解し、自然環境の賢明な利用を考え、更に人と自然の共生を実現できる、広い視野を持った技術者」を育成しています。経験豊富な講師陣が、徹底的に知識や技術を指導。多くのフィールドワークにより、実践力を身に付けます。160を超える企業・団体と連携しインターンシップを導入。業界との太いパイプが、自然環境分野への高い就職率に結びついています。

東京環境工科専門学校の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

卒業者数94名
就職希望者数81名
就職者数76名
就職率93.8%(就職者数/就職希望者数)
進学者数13名

就職支援

2年次の必修科目にインターンシップを導入。160を超える企業・団体と連携し、産学一体で自然を守るプロを養成

企業や団体での就業体験を通して各自の職業観と実務能力を育てることを目的として、2年次の必修科目にインターンシップを導入しています。履歴書の書き方指導やビジネスマナーの授業など、バックアップ体制も充実。それぞれが希望する企業や団体で充実した経験を積み、将来の進路に備えます。160を超える企業・団体と連携し、産学一体となって将来の環境保全を担う人材の教育にあたっています。

東京環境工科専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

東京環境工科専門学校 事務局

〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-3-7
TEL:03-5625-6400

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都墨田区江東橋3-3-7 JR総武線快速・総武線 「錦糸町」駅から徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 「錦糸町」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

東京環境工科専門学校のブログ・インフォ

  • 2019年11月12日 18:12 BLOG

    今年の馬入川の実習はこれで2回目となりました。今回はレベル測量を実施して池の大きさを精密に測量しました。 実際に測量する前に意味をしっかり理解してから現地に向かいます。 測量機器の説明を受けています。精密機械ですので、少 […]

    https://tce.ac.jp/blogs/2019-%e9%a6%ac%e5%85%a5%e5%b7%9d%e3%81%ae%e5%ae%9f%e7%bf%92%ef%bc%88%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab%e6%b8%ac%e9%87%8f%ef%bc%89/

  • 2019年11月11日 09:58 BLOG

    4年制の野生動物管理コースの実習に行ってきました。 今回のメインテーマはくくりわな作成とイノシシ防除柵の設置 くくりわな作成は、パーツを順番通りにワイヤーにとおし、最後にワイヤーが抜けないようにスリーブでかしめるだけなの […]

    https://tce.ac.jp/blogs/%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a/

  • 2019年10月21日 09:11 BLOG

    夏も過ぎ、冬へと季節が移り変わる今日この頃ですが、毎年恒例の屋久島実習を実施しました。屋久島は降雨量が多いため、湿度が高く、たくさんの苔により、幻想的な景色を見ることが出来ます。 南方系の植物や屋久杉を観察しました。杉の […]

    https://tce.ac.jp/blogs/%e5%b1%8b%e4%b9%85%e5%b3%b6%e5%ae%9f%e7%bf%92%e2%98%862019/

  • 2019年09月27日 14:28 BLOG

    小鳥から猛禽類まで秋の鳥の渡りシーズンに突入しています。しかし、渡り途中にトラブルが起こってしまうこともあります。そのひとつとして、台風が来る事で普段見ることの出来ない鳥達が発見されることもあります。しかし、その影響で鳥 […]

    https://tce.ac.jp/blogs/%e6%b8%a1%e3%82%8a%e3%81%ae%e9%81%8e%e9%85%b7%e3%81%aa%e9%81%93%e3%81%ae%e3%82%8a/

  • 2019年09月20日 12:24 BLOG

    前々回、前回に引き続き、北海道プログラム紹介の第三回目です 北海道プログラムのキーワードは・・・ 1. 北方の動植物(前々回) 2. 持続可能な天然林施業(前回) 3. アイヌ文化 今回は3つ目、最後のキーワード「アイヌ […]

    https://tce.ac.jp/blogs/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%8c%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ab%e3%81%b5%e3%82%8c%e3%82%8b/

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
入学案内資料[学校案内パンフレット&募集要項&入学願書]
東京環境工科専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる