• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京環境工科専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 高度自然環境管理学科
  • 野生動物管理技術者コース

東京環境工科専門学校 高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コース

野生動物の個体数や生息環境などを把握した上で、防御対策を計画し、それを実行できる人材を育成するコースです

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    農学とは、食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究する学問です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

初年度納入金:2021年度納入金(参考) 129万5000円  (教材・用具・実習費を含む)
年限:4年制

東京環境工科専門学校 高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの学科の特長

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの学ぶ内容

社会的ニーズが高まる、防除・捕獲の担い手を育成します
野生動物による農作物や人への被害は、当事者にとっては死活問題であり、早急な対応が求められています。野生動物による被害防止にとって有効的手段である防除・捕獲の担い手は、狩猟者の高齢化などによって減少しており、社会的ニーズが非常に高まっています。

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースのカリキュラム

プロハンター=専門的捕獲従事者に必要とされる知識と技術を習得します
鳥獣被害の様相は多様化しており、幅広い状況に対応できる人材が必要とされています。野生動物そのものの知識はもちろん、被害状況を把握する手法、防除対策、狩猟関連の法律まで幅広く学びます。TCEでは幅広い野生動物保護管理に対応でき、専門的捕獲従事者としての知識が習得できます。

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの授業

プロハンターとして必要な知識を習得
■狩猟学:狩猟の歴史、文化、技術を理解し、これから必要とされる狩猟について、現場体験を含めて解説を行います。■野生動物被害防除論:激化する野生鳥獣による農林作物や森林生態系への被害について、鳥獣の種毎の生態や被害状況を理解し、今後重要となる「地域ぐるみ」「集落単位」での被害対策方法などを解説します。

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの実習

より実践的な実習を実践
■狩猟技術実習:ニホンジカの巻き狩りを理解するとともに、巻き狩りにおける勢子および射手を経験し、巻き狩りを自ら企画立案できる力を養います。また、くくりわなの仮設も体験し、銃器及びわなによる捕獲技術を習得します。 ほか■野生動物被害防除実習 ■解剖実習 ■クレー射撃実習 など

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの卒業後

鳥獣被害防除のプロフェッショナルに
専門的捕獲従事者(プロハンター)、鳥獣被害対策ハンター、鳥獣被害対策支援コンサルタントとして、全国の野生動物被害防止団体(NPO法人・民間会社)や、地方自治体(鳥獣被害関連)に勤務します。

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの資格

自然環境業界の各分野で必要とされる資格取得を目指します
網猟免許、わな猟免許、第1種銃猟免許、第2種銃猟免許、生物分類技能検定2級、ビオトープ管理士2級、技術士補など、自然環境業界の各分野で必要とされる専門的な資格取得を目指します。

東京環境工科専門学校 高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの学べる学問

東京環境工科専門学校 高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの資格 

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの取得できる資格

自然体験活動リーダー
上級救命講習
自然再生士補
チェーンソー・刈払機取扱安全衛生講習
樹木医補

高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの目標とする資格

    • ビオトープ管理士 (2級) 、
    • 技術士補<国> (環境部門) 、
    • 樹木医

    生物分類技能検定2級  
    網猟免許 
    わな猟免許 
    第1種銃猟免許 
    第2種銃猟免許

東京環境工科専門学校 高度自然環境管理学科 野生動物管理技術者コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-3-7
TEL:03-5625-6400
tce@tce.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都墨田区江東橋3-3-7 JR総武線快速・総武線 「錦糸町」駅から徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 「錦糸町」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内


RECRUIT