• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 長野
  • 専門学校 長野ビジネス外語カレッジ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 黒岩右京さん(グローバルビジネス学科/製造)

世界に通じるモノづくりの第一線で活躍しています

先輩の仕事紹介

学生時代からグローバルな環境に慣れておくのは大事だと感じました

製造
グローバルビジネス学科 グローバル経営/2018年卒
黒岩右京さん

この仕事の魅力・やりがい

私が働いているのは、油圧・ガス圧などの先進的な技術と製品を世界へ提供する研究開発型メーカーです。その中で、精密機械に欠かせない部品であるコントロールバルブの製造工程に携わっています。最初は工程が多く、仕事の内容も難しそうに思えたのですが、先輩方に細かく教えてもらって次第に1人でこなせるようになりました。作業の中でも難しい工程を、上司の方と相談してやりやすく変えていく提案を受け入れてもらえた時はうれしかったですし、自分の意見を採用してもらえて自信につながりました。難易度の高い仕事でも、毎日の積み重ねでクリアできていくのは達成感があり、スキルアップを実感できてやりがいにつながっています。

学校で学んだこと・学生時代

長野ビジネス外語カレッジでは、主に英語と経営学の基礎を学びました。英語の面では学生に留学生が多くいたことが大きかったと思います。周りの留学生からたくさん刺激も受けましたし、実際に英語を使って会話ができる環境だったのはとても良かったです。プライベートで遊ぶことも多く、ふだんから英語を使うことができることで、身につくのが早いと感じました。もちろんビジネスや経営の基礎を学んだ点も勉強になったのですが、学生生活で思い出になったのは、初めて海外留学を経験したことです。夏休みにフィリピンに1カ月行き、宗教や食べ物、生活習慣など違う文化に触れることができて、将来に向けての視野が広がったと思います。

学校で培ったコミュニケーション力が活きています

分野選びの視点・アドバイス

今の時代、企業のバリエーションはとても増えてきていると思います。グローバル化が進み、会社の業務に海外での営業や出張なども多いと思います。私が働いている会社も、世界とビジネスをしている工場がたくさんある工業エリアに立地しています。実際に工場に外国人のビジネスマンが多く視察に来ていて、世界との取引もあるようです。製造業にかぎらず、これからの企業はグローバルな取引や視野が欠かせませんから、学生時代から英語や留学生に囲まれた環境で慣れておくのは大事だと思います。その点、長野ビジネス外語カレッジは気軽に外国人と触れ合える環境があるので、とても良い経験ができると思いますよ。

これからの企業はグローバルな取引が欠かせません

黒岩右京さん

KYB-YS株式会社/グローバルビジネス学科 グローバル経営/2018年卒/KYB-YS株式会社勤務/グローバルビジネス学科 グローバル経営/2018年3月卒/世界に通じる精密機械製造の現場で責任ある仕事を任されている黒岩さん。今は仕事を頑張る一方で、オフロードバイクのレーサーとしても充実した日々を送っている。同レーサーである父親の影響で専門学校時代から本格的に始め、将来はプロとして活動することも視野に入れているそう。海外での活動も夢の一つであることから、「英語を学んでおきたい」と考えて学校も選んだということ。「仕事とプライベートを上手に両立させながら、夢に向かって進みたい」と張り切っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
専門学校 長野ビジネス外語カレッジ(専修学校/長野)