• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原簿記公務員専門学校千葉校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 榎並 聖矢さん(スポーツトレーナーコース/スポーツインストラクター)

千葉県認可/専修学校/千葉

オオハラボキコウムインセンモンガッコウチバコウ

スポーツで子どもたちの成長を支えたい!

先輩の仕事紹介

子ども達の「できた!」という瞬間に立ち会える、やりがいの大きい仕事です

スポーツインストラクター
スポーツトレーナーコース/2018年3月卒
榎並 聖矢さん

この仕事の魅力・やりがい

担当園で、園児と小学生に跳び箱やマット運動、なわとびなどのスポーツを教えています。仕事の一番の魅力は、子ども達の笑顔を見れること。特に、高い跳び箱が飛べるようになったり、鉄棒でまわれるようになるなど、できないことができるようになったときの子ども達の笑顔は格別で、そんな瞬間に立ち会えるととても嬉しくなります。めまぐるしいスピードで成長する子どもたちと日々接しながら、保護者やほかの先生方と共に成長を喜べることが私のやりがいです。子どもとの接し方ではまだまだわからないこともありますが、経験豊富な先輩方からアドバイスをいただきながら、日々試行錯誤を繰り返しよりよい指導ができるように心がけています。

学校で学んだこと・学生時代

在学中は、キャンプインストラクター、AFAAプライマリー・フィットネス・インンストラクターといったスポーツ系の資格のほか、日本漢字能力検定1級、電卓技能検定1級など多くの資格を取得しました。特に取得してよかったのはレクリエーションインストラクター。資格取得に向け、授業で園児向けのゲームを考えて、実際に遊んでもらったことがあります。子ども達が何に興味を持ってくれるのか、子どもに対してどのように言葉をかければいいのかなど勉強になることが多くありました。また、他校の学生と合同で行われるスポーツフェスティバルでは仲間と一緒にダンスをしたり競技に参加したりと、勉強以外の楽しい思い出もたくさんあります。

子どもと関わるだけでなく電話対応や事務作業も

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生からサッカーをしており、スポーツが大好きでした。指導してくれた方のアドバイスや励ましで大きく成長できた経験から、今度は自分がこれまでの恩師のようにスポーツを教えたいと思うようになりました。現在の勤務先を選んだのは、大原学園在学中に研修に参加したことがきっかけ。跳び箱指導やマット種目など先輩方の指導を見せていただいたのですが、叱ったりすることは一度もなく、褒めて伸ばす指導を徹底していました。「少しでもできたら褒めてあげると、自信がつく。この自信が大きな成長につながる」と教えていただき、私も先輩方のような指導者になりたいと思いました。子どもの可能性を広げるような存在になりたいですね。

子どもの笑顔がいちばんのやりがいです

榎並 聖矢さん

幼児活動研究会株式会社・コスモスポーツクラブ柏支部勤務/スポーツトレーナーコース/2018年3月卒/高校までサッカー一筋だったという榎並さん。スポーツを通じて子どもたちの将来に貢献したいと考え、指導者を目指すように。大原のオープンキャンパスに参加し、座学だけでなく実習が豊富なことと、親しみやすい先生方に魅力を感じ入学を決めたそう。「先生が授業で学生時代のエピソードを語ってくれたことが印象深かったです。『先生もたくさん失敗したんだ』と、前向きな気持ちになれました」(榎並さん)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原簿記公務員専門学校千葉校(専修学校/千葉)