• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 三育学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 植田 弘斗さん(看護学部 看護学科/看護師)

私立大学/千葉・東京

サンイクガクインダイガク

今の目標は症状と疾患から対処を考えられる看護師です

先輩の仕事紹介

緩和ケア病棟の1年目。少しでも患者さまに安息を与えられたと思う瞬間がやりがいです

看護師
看護学部 看護学科 卒/2018年卒
植田 弘斗さん

この仕事の魅力・やりがい

東京衛生病院の緩和ケア内科病棟で患者さまのケアをしています。緩和ケア内科病棟は、主にがんなどの治療困難な病気による疼痛等の身体的症状や、精神的な痛み等の症状を和らげ、患者さまが人間としての尊厳を保ちながら、貴重な日々を有意義に生き抜くことができるように援助を行うホスピスです。このような環境で、患者さまの痛みをとってさしあげることができ、笑顔を垣間見ることができたときはうれしく思います。また、終末期の患者さまは心電図モニターを装着しないため、状態を見極めるのは難しい一面があります。急変の徴候を自分の目や手で的確に把握することができたときには、看護師としてのやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

特に印象に残っているのは実習です。初めての実習では自分の未熟さを実感することが多くありました。それでも、自分なりに考えて行動した結果、患者さまの笑顔を見ることができ、達成感が得られました。一方、医療の現場では知識が身についていないと、本当の意味で患者さまと接するのは難しいのだと痛感しました。そこから一層勉強に身が入りました。看護師になることの自覚が芽生えたように思います。緩和ケア内科病棟はさまざまな疾患の方が入院されますが、自分にとって初めての疾患の患者さまと接するときは、その疾患についてできるだけ理解してから病室に向かうようにするなど、現在も実習での経験が生きています。

患者さまには素の自分で接するよう心がけています

分野選びの視点・アドバイス

大学生活の大半を過ごす大多喜キャンパスは勉強に最適な環境です。学生の大半が学校の寮で生活します。授業は少人数で行われるので、先生方との距離が近く、親密なコミュニケーションを取ることができます。同じキャンパスに先生方が住んでらっしゃるという面からも距離が近く、身近な存在として質問や相談がしやすいと思います。また、寮生活を通じて友人がいつも傍にいます。わからないことがあっても隣の部屋に行って、友人に聞くことができます。テストの前日や国家試験対策も、みんなで夜部屋に集まって問題を出し合ったり……。友人たちと共に勉強し、同じ目標に向かって頑張ることができるのも三育学院大学の魅力だと思います。

患者さまの目線に合わせ、傾聴するようにしています

植田 弘斗さん

東京衛生病院 看護部 緩和ケア内科病棟勤務/看護学部 看護学科 卒/2018年卒/中学生のころ、交通事故の場面に遭遇し、看護師である家族が救急対応をしている姿を見た影響で、医療系の仕事に就き、人の役に立ちたいと思うようになったという植田さん。三育学院大学卒業後、東京衛生病院に入職し、1年目にして緩和ケア内科病棟に配属。終末期の方と接する日々を通して痛みを取り除いたり、楽にしてあげたりする方法が以前よりわかるようになってきたそうだ。症状が起こる原因はさまざまにあるため、日々学びの連続だという。「症状のみに注目するのではなく、患者さまの疾患と関連付けて適切に対処できる看護師を目指したいです」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

三育学院大学(私立大学/千葉・東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路