• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 三育学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安田 真由子さん(看護学部 看護学科/看護師)

命の尊さを日々感じられることが何よりも幸せです

先輩の仕事紹介

三育で学んだ「相手に寄り添う看護の心」で、赤ちゃんもお母さんも癒したい

看護師
看護学部 看護学科/2015年3月卒
安田 真由子さん

この仕事の魅力・やりがい

東京衛生アドベンチスト病院の新生児室で、赤ちゃんの健康管理や、経過観察の必要な子の看護などをしています。この仕事で一番うれしいのは、新しい命が生まれる瞬間に立ち会えること。そしてご家族と一緒に誕生を祝福できることです。中には出生後に状態が良くないケースもありますが、赤ちゃんが元気になりお母さんに抱かれて退院していくときは、幸せな気分でいっぱいになります。そして忘れてはならないのがお母さんの心のケア。親身にお話を聞き、的確なアドバイスをすることで、お母さんたちの不安感を払拭してあげることも私たちの使命です。三育で学んだ「相手に寄り添う看護の心」が、さまざまな場面で生かされているのを実感します。

学校で学んだこと・学生時代

大学生活の大半を過ごすのが、美しい自然に恵まれた千葉県大多喜キャンパス。ここでの寮生活が一番思い出深いですね。勉強や課題、実習は大変な部分もありましたが、同じ夢を持つ仲間や先輩がいつも一緒にいてくれたおかげで、何とか乗り越えることができました。誕生日にはみんなで部屋に押しかけてお祝いをしたり、材料を持ち寄って鍋パーティをしたり、休みの日にはみんなでお出かけしたり…。一生心に残る大切な思い出となりました。3年次には1年間を通して外科、内科から精神科にいたるまで、すべての領域の実習を体験。領域ごとに覚えることが変わるためハードな毎日でしたが、幅広い知識と技術を修得できてとても貴重な経験になりました。

上司に業務報告。密なコミュニケーションが大切です

これからかなえたい夢・目標

赤ちゃんやお母さんの具合が急変したときでも、落ち着いて、素早く、正確な対応ができるようになりたいです。そのためには状況に合わせて自分の判断で対処できるよう、先輩方の動きを見習ってさらにスキルアップをはからなくてはなりません。現在所属している新生児室だけでなく、お母さんたちの入院している産科や、分娩室での仕事も経験して、オールマイティに活躍できる看護師になることが当面の目標。将来的には三育で学んだすべての領域における知識・経験を生かして、内科や小児科の仕事にもチャレンジしたいですね。どの領域であっても、身体的ケアだけでなく心のケアもできる「三育イズム」は大切にしていきたいと考えています。

授乳姿勢や赤ちゃんの抱き方をお母さんにアドバイス

安田 真由子さん

東京衛生アドベンチスト病院 産婦人科 新生児室勤務/看護学部 看護学科/2015年3月卒/幼いころから親の肩もみやマッサージをして、相手を癒してあげるのが大好きだったという安田さん。最初は医師になりたいと考えていたが、自分の進路をじっくり考えた末、「病気を治すことよりも、人を癒す仕事がしたい」という結論に至り、看護師を目指すことに。三育の魅力の一つでもある4年間の寮生活を通して、自主性や協調性、そしてチーム医療に不可欠なコミュニケーション能力を磨くことができたという。「元気な赤ちゃんたちに囲まれ、充実した毎日を送っています!」と笑顔で語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

三育学院大学(私立大学/千葉・東京)