• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 和歌山国際厚生学院
  • 先生・教授一覧
  • 松井 有史先生(【理学療法士】理学療法学・運動療法・リハビリテーション)

和歌山県認可/専修学校/和歌山

ワカヤマコクサイコウセイガクイン

こんな先生・教授から学べます

答えがないから追求できる、理学療法の楽しさを教える先生

【理学療法士】理学療法学・運動療法・リハビリテーション
理学療法学科 
松井 有史先生
先生の取組み内容

ケガや高齢などにより低下した運動機能や基本動作の維持・改善を目的に行われる治療をサポートする理学療法士。理学療法には「この症状にはコレ」といった、決まった形はありません。ケガの状態や生活環境によって治療方法やリハビリテーションの方法は変わっていきます。目の前の患者さんに対してどうアプローチしていくのがいいのか、一人ひとりに寄り添い、その人にとって最善である結果を残していく。そのために必要な技術や知識など更なる専門性を追求していく楽しさがあります。理学療法士としての仕事の面白さ、やりがいを感じてもらえるような授業展開、学生たちが学びやすく自主的に動ける環境作りを心がけています。また、本校の理学療法学科は「高度専門士」の称号が取得でき、卒業後にストレートで大学院に進学する道も開かれています。

理学療法士の仕事の楽しさ、やりがいを1番に感じてもらえるような授業の展開を心がけています

授業・ゼミの雰囲気

コミュニケーション能力、自己表現力を身につけ、患者さんに寄り添える人材育成につとめています。

理学療法ゼミIIでは、学生を一定のグループに分け、各グループごとに教員と学生がコミュニケーションを取り、課題を設定し授業に取り組む「チューター制」を用いています。また、患者さんの気持ちを知るため、筋力をつけるにはどれくらいの運動量が必要で、どれくらい辛いのかを自分の体で体験してもらうシェイプアップ運動講座があります。他にも、がん征圧を目指し、がん患者や家族・支援者らが交代で歩き、勇気と希望を分かち合うチャリティーイベント、リレーフォーライフジャパン和歌山(24時間マラソンリレー)に参加しています。

学生を一定のグループに分け、教員と学生がコミュニケーションを取り、課題を設定し授業に取り組んでいます

キミへのメッセージ

自ら学び、自ら実践する面白さを見つけてほしい!

技術はもちろん個々にあった目標を自分で見つけられるようにアシストしていくので理学療法士、リハビリテーション分野に興味がある方はぜひ本校を覗いてください。全力で理学療法士の仕事の魅力をお伝えします。

学生が学びやすいと思える環境を調節することによって、のびのびと自主的に動けるようにしていきたい

松井 有史先生

専門:理学療法学・生体分子分析学・実践行動学  略歴:理学療法士専門の学校を卒業後、理学療法士として約6年間、臨床経験を積む。2008年より和歌山国際厚生学院理学療法学科の教務として配属。2009年に同学科の学科長を拝命し、学内教務はもちろん、地域の講演会などにも取り組んでいる。2014年、和歌山県立医科大学大学院医学研究科医科学専攻修士課程を卒業し、同大学博士課程に在籍、現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

和歌山国際厚生学院(専修学校/和歌山)