• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 青森
  • 弘前医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鎌田 和さん(保健学部 看護学科/看護師)

点滴の投与にあたっては間違えないよう注意が必要です

先輩の仕事紹介

人のために何かをしたい、直接的な関わりをしたいという思いがきっかけです

看護師
保健学部 看護学科卒/2020年卒
鎌田 和さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

循環器内科の看護師として患者様の異常の早期発見や療養上のお世話を行っています。私が勤務する病院は地域の基幹病院として毎日多くの患者様が訪れています。循環器疾患はこれまでの生活習慣が原因となるものが多く、患者様一人ひとりの背景を踏まえてどこを改善できるかを一緒に考えていく必要があります。入院されている患者様は普段と違う環境にあるため不安や恐怖感が強いので、丁寧に対応することを心がけています。疾患についいての勉強は学生の時より大変ですが、先輩方から患者様の状態をよく観察できていると褒められるときは嬉しいです。

分野選びの視点・アドバイス

自分は何をするのが好きか、何にやりがいを感じるかというのを突き詰めていき、医療職という方向性に定まりました。大学時代や現在の職場でも、私と同じような考えや想いの人が周りに多くいることが支えにもなっています。いま時代は高齢化が進み、看護業界は今後もますます重要になると思います。ただ資格があればどこへ行っても働けるのが強みだと思います。

心電図は患者様の異常の早期発見に繋がります

学校で学んだこと・学生時代

グループで学習する機会が多かったことや、作業療法士・言語聴覚士を目指す仲間とのコミュニケーションを通して、様々な視点を身につけられました。授業の面で印象に残っているのは病院実習です。実際に患者様を受け持たせていただくため、特に疾患についての勉強は頑張りました。事前に勉強した疾患の症状が受け持ち患者様に出て、それを看護師に伝えて対応してくださったため大事に至らなかったこともありました。また、保健師の授業で得た「病院から自宅という療養の場から生活の場へ」という視点が実際に働く上で役立っています。

患者様に安心感を与えられる看護を心がけています

鎌田 和さん

地方独立行政法人 総合病院国保旭中央病院 勤務/保健学部 看護学科卒/2020年卒/「その看護師さんは、父のことはもちろん、母や私にも寄り添ってくれたおかげで不安が軽くなったんです」。中学3年の時、父親が胃がんになり入院した際に接した看護師の姿を見て、不安に寄り添える人になりたいと思ったのがこの道を目指したきっかけ。現在は地域の基幹病院で看護師として働く鎌田さん。「まだ先輩方の見守ってくださる中で行っている業務もあるので、早く自立できるようレベルアップをしていきたいです」と、今日も患者様と向き合い、努力の日々を送っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

弘前医療福祉大学(私立大学/青森)
RECRUIT