• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医療専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 岡 和子先生(柔道整復師)

こんな先生・教授から学べます

人の体と心に寄り添う仕事の素晴らしさを伝える先生

柔道整復師
柔道整復科 
岡 和子先生
先生の取組み内容

私は高校時代、先生から教えられた「資格は財産」という言葉と自分が人のためにできる仕事は何かを考えて、柔道整復師の道を選びました。専門学校で学びながら接骨院でアルバイトし、国家資格を取得した後はデイサービスや病院の整形外科などで働きました。つらそうな顔をされた患者様が私の施術で身体の不調が改善され、「ありがとう」「膝の調子が良くなったよ」と笑顔で感謝されると、「こんなに人に寄り添える仕事なんだ」と実感します。特に高齢の方はそうですが、施術するだけでなく、身体の悩みをお聞きするなどコミュニケーションを取ることで元気を取り戻していただけます。こうした仕事の醍醐味と患者様を任されるやりがいを学生に少しでも伝られたらと思い、可能な限り自分が経験したことを交えながら授業を行っています。

授業の後、学生の質問に対応。福祉施設や病院での勤務経験を踏まえ将来の道についてアドバイスすることも

授業・ゼミの雰囲気

骨折を絵に描いたり筋肉の名前を語呂合わせで覚えたり、工夫して楽しく授業をおこなっています

岡先生が担当しているのが「柔道整復臨床」の「下肢(かし)」。骨盤から足先までの骨折や脱臼、その他のケガについて学ぶ授業です。「学生が理解しやすいように骨折の状態を絵に描いたり筋肉の名前を語呂合わせで教えたりします。実は私自身、勉強が得意ではなかったので、自分がどんな方法で覚えたり理解したかを伝え、楽しく学べるよう工夫しています」。臨床現場で出会った事例を具体的に紹介しているのも記憶に残しやすくするため。国家試験対策では出やすい問題を取り上げ、解答のポイントを丁寧に伝えて理解の定着をはかっています。

「気軽に何でも相談してもらえる先生でありたいと考えています」と岡先生

キミへのメッセージ

患者様はもちろん一緒に働くスタッフのためにも頑張れる仕事です

私は心がくじけそうになることがあっても、患者様の「ありがとう」の声に励まされました。どんな時でも患者様のために、そして一緒に働くスタッフのために頑張ろう、もっと勉強しようと前向きになれます。

「私自身が進路選択でとても悩んだので、高校生の皆さんの進路選び、学校選びに少しでも役立ちたいですね」

岡 和子先生

商業高校を卒業後、柔道整復師を目指して専門学校に進学。学生時代から接骨院でアルバイトをして臨床現場での経験を積む。柔道整復師の国家資格を取得した後はデイサービスなど福祉の現場や整形外科のリハビリテーション室などに勤務。東京医療専門学校の教員になり3年目。現場で日々体験した貴重な話は学生に好評。オープンキャンパスでは高校生の進路相談など、自分の経験も活かし親身になって応じている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京医療専門学校(専修学校/東京)