• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 菊川 萌英さん(教育福祉学部 子ども学科/養護教諭)

私立大学/滋賀

ビワコガクインダイガク

先輩の仕事紹介

保健室は生徒たちにとって「ほっと気がゆるめられる場所」。少しでも元気になってもらえたらとても嬉しいです!

養護教諭
教育福祉学部 子ども学科 子ども教育コース/2016年卒
菊川 萌英さん

この仕事の魅力・やりがい

しゅんと落ち込んでいる様子の生徒が、保健室で少しでも元気になってもらえたり、生徒の安らぎになれた時にやりがいを感じます。友人関係、勉強、部活、大学受験など、学校生活にはさまざまな悩みがありますが、「ほっと気がゆるめられる場所」として保健室を生徒に利用してもらえればいいな、と思います。生徒が訪れた時は「いらっしゃい」と必ず笑顔で迎え入れて、「ここではあまり肩肘を張らずにいてもいいんだよ」とリラックスできる雰囲気を作ることを心がけていますね。また、生徒に日ごろから積極的に声をかけて、コミュニケーションの機会を作るようにしています。

学校で学んだこと・学生時代

びわこ学院大学には「教育ボランティア」という、1年次から教育現場にボランティアとして参加できるシステムがあります。私は母校の小学校に4年間通い、特別支援学級の子どもたちと接しました。一人ひとりさまざまなケースがあり、型通りの同じ対応では子どもたちに寄り添えないことを実感しました。つまづくこともありましたが、学生の間に失敗を経験できたことも、今思えば大きな財産だと思います。また、学ぼうという意欲さえあれば、全力で応えていただける環境でした。授業外でも採用試験の対策や、面接練習にとことん付き合ってくださいました。先生方には本当に助けていただきました。

色々な悩みがある学校生活に、保健室で少しでも安らぎを感じて貰えると嬉しいです

これからかなえたい夢・目標

生徒は皆、さまざまな個性や考え方を持っています。一人ひとりにしっかり寄り添うためには、私自身が幅広く経験を積み重ねないといけないと思っています。保健室の中だけにいると、得られる情報が偏ってしまうので、積極的に他の先生方と交流するよう心がけています。何か問題が起こった際も、自分の観点だけで考えることをさけるために、なるべく一人で抱え込まないようにしています。私が保健室の先生でいてくれてよかったな、と生徒にも、他の先生方からも信頼していただける養護教諭になりたいです。

生徒たちの健康を守るためには掲示物も重要。時期に合わせてこまめに貼り替えています

菊川 萌英さん

滋賀県 公立高校勤務/教育福祉学部 子ども学科 子ども教育コース/2016年卒/養護教諭として働き始めて2年目の菊川さん。昔から「人と関わる仕事」がしたいという思いがあり、「養護教諭になる!」と決めたのは高校生のころ。学校生活を振り返ったところ、「小学校も、中学校も、高校も保健室の先生ってみんな優しかったな」と気付き、そんな存在に憧れ、養護教諭を目指したと言う。びわこ学院大学の魅力を尋ねると「少人数制なので先生方には勉強のことはもちろん、普段の生活からしっかりと見ていただいており、信頼できる方ばかりでした。また学生もみんな仲が良く、助け合いながらそれぞれの目標に向かうことができていました」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

びわこ学院大学(私立大学/滋賀)