• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 北海道柔道整復専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 辰口 耕樹さん(柔道整復科/柔道整復師/スポーツトレーナー)

北海道認可/専修学校/北海道

ホッカイドウジュウドウセイフクセンモンガッコウ

大事なのは、一人ひとりに合うケアやトレーニング方法

先輩の仕事紹介

医療やスポーツの分野で人を笑顔にできる仕事に、面白さとやりがいを感じます

柔道整復師/スポーツトレーナー
柔道整復科/2016年卒
辰口 耕樹さん

この仕事の魅力・やりがい

整形外科のリハビリ科で、患者さんの症状に合わせて電気などを用いた物理療法やマッサージ、トレーニングなど細かいリハビリテーションの内容やメニューを考えて施術をするのが私の仕事です。また、中学校のバドミントン部、社会人ラグビーチームのトレーナーとして選手たちの筋力トレーニングや体幹の強化、身体の使い方、身体のケアなどサポートも行っています。人の身体って一人ひとり異なりますし、痛みやケアの仕方もそれぞれなので考えることも多く常にやりがいを感じますね。人の笑顔を作れる人間になりたいと思っていたので、患者さんの痛みがとれた時、選手なら良い動きができた時の笑顔が見れるとこの仕事を選んで良かったと感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生の時、野球をやっていたのですが肩を壊して整骨院に通ったことがきっかけでこの仕事を知りました。包帯やテーピングを巻く姿がカッコいいなと思ったのも分野を選んだ理由の一つですね。大学時代には教員免許取得のため、教育実習にも行きましたが実習後、やはり医療やスポーツに関わる仕事に就きたいという希望が強くなり、教員ではなく柔道整復師・スポーツトレーナーの道に決めました。自分の能力ではスポーツ選手になるのは厳しいけれど、柔道整復師やトレーナーなら、患者さんやスポーツ選手のケアやトレーニングに直接携わることができ、選手をサポートするスタッフとしてスポーツの現場にいられるという環境が魅力的に感じました。

ストレッチや体幹トレーニングなどをコーチング

分野選びの視点・アドバイス

将来、どんな仕事をしたいか考える時に大事にしてほしいのは、まず自分が好きなことは何かを見つめ直すこと。私の場合は「スポーツ」でしたが、何でもよいので好きな分野を仕事に繋げるきっかけになると思います。仕事ではドクターの指示の下、リハビリ内容やメニューを考えることで経験が積みますが、ボランティアでやっているスポーツトレーナーでの経験など、努力次第でどんどん幅が広がっていくのを実感しています。学生の皆さんには、チャンスや努力を惜しまないで欲しいですね。人と接し、笑顔にできる仕事に就いた今、自分の気持ちも明るくなれることが多くあります。自分にどんなスタイルの仕事が合うかをイメージしておくと良いですよ。

リハビリが楽しいと思える療法やメニューも考案

辰口 耕樹さん

菊水整形外科勤務/柔道整復科/2016年卒/高校卒業後、教育大学に進学。スポーツ健康科学を専攻していたこともあり、大学卒業後は北海道柔道整復専門学校へ入学。在学中に柔道整復師としての基本的なことを学んだなかで、今でも最も意識しているのは、「患者さん優先」「選手ファースト」。リハビリやトレーニングを自分の経験や知識、思い込みで押し付けないように、コミュニケーションや患者さんや選手の細かい動きや反応、表情などの観察も大切にしているそう。週1、2回の中学生のバドミントン部トレーニングコーチや、週末にはラグビーチームのトレーナーとしてボランティア参加。どちらもスポーツに関われるので、楽しい時間だと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
北海道柔道整復専門学校(専修学校/北海道)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路