• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡キャリナリー農業・食テクノロジー専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 杉本 湧也さん(食健康テクノロジー科 寿司・和食調理コース/調理師)

シェフ、料理人、調理師の仕事につながる学び

右へ
左へ

学園祭やショップ演習で、お客様に料理を提供する難しさを体感できました

天神駅から徒歩2分。食材はもちろん器も装飾も“九州”にこだわり、その魅力を発信する創作イタリア料理店「リストランテKubotsu」。今回は、前菜担当として活躍する杉本さんにお話を伺いました。

調理師
調理師科 卒
(2018年卒業)
杉本 湧也さん
  • リストランテKubotsu - ひらまつレストラン
  • 大分県 高田高等学校 卒
在校中に教わった、料理人としての基本や心構えが生きています!

包丁の握り方など基本中の基本からスタート!整理整頓の大切さも知りました

現在は前菜を担当。来店後すぐに出せるように事前準備が大切です

前菜の「佐土原茄子のフラン 魚介のマリネ バルサミコのジュレ」

祖母が飲食店を経営していたので「料理を作って、人に喜んでもらえるっていいな」と料理人に憧れを持つように。高校の時にほかの道も考えましたが「やっぱり料理を学びたい」と複数のオープンキャンパスに参加。中でも先生の料理への考え方や熱意に共感し、福岡キャリナリーに入学しました。和洋中の基本はもちろんですが、特に厳しく指導されたのは整理整頓や衛生面の管理など。就職後すぐから現場で活かすことができました。

自分が作った料理に、お金をいただくことの難しさを知りました

在校中に学んだ調理技術が、今の現場でたくさん活かせています

本格的な設備と機材が整う、母校の調理実習室

キャリナリーには学園祭やショップ演習など、学校に一般の方を招いて行うイベントが複数回あります。特に2年次では店舗設計やコスト管理、メニュー開発、食材管理、当日の運営、衛生管理まで全てを自分たち中心で行うので、プロの現場に近い感覚で実践ができます。これは自分が作ったものをお客様に提供できる貴重な機会なのですが、同時にお金をいただくことの責任感を体感できます。料理人としての心構えを新たにしました。

まずはセクションの責任者に!将来は、自分のお店を持ちたいです!

お世話になっている窪津シェフと、一緒に働く仲間たちと

九州の伝統工芸品を身近に感じることができる同店のエントランス

現在は前菜を担当。前菜は特に絶対にお待たせできません。かといって、仕込みが早すぎても食材が傷んでしまいます。だからベストな時間帯を逆算して段取りを組むことを意識し、それが気持ちよく収まった時には達成感があります。またサービススタッフから「評判がいいよ!」と言ってもらえた時も嬉しいですね。いずれはセクションを任せてもらえたら!将来的には「お客様に元気になってもらえるレストラン」を自分で開きたいです。

白川先生からのメッセージ

  • 白川 明彦(シラカワ アキヒコ)/調理師科 西洋料理講師

本校では、企業プロジェクトという企業の課題(テーマ)に学生が取り組む授業があります。お客様に喜ばれる商品をイメージし食材やコストに配慮しながらメニューを開発。商品化が決まれば実際に店頭で販売されます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡キャリナリー農業・食テクノロジー専門学校(専修学校/福岡)
RECRUIT