• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京有明医療大学
  • 在校生レポート一覧
  • 野島秀介さん(保健医療学部 柔道整復学科)

私立大学/東京

トウキョウアリアケイリョウダイガク

骨折、捻挫など、痛みを抱える患者さんと向き合う実習

右へ
左へ

ふれてなおす。柔道整復師の見習いとして、附属接骨センターで臨床実習

東京有明医療大学附属接骨センターでは柔道整復師が治療にあたり、患者さんの協力を得て学生も医療スタッフの一員として臨床実習を行っています。実習生の野島さんと、指導教員の山口先生にお話をうかがいました。

柔道整復学を学ぶ
保健医療学部 柔道整復学科
(2015年入学)
野島秀介さん
  • インターン・実習先:東京有明医療大学附属接骨センター
  • 東京都 明治大学付属中野高校 卒
幼い頃から続けている柔道に関わる仕事を志し、柔道整復の道へ

知識・技術は授業で学びましたが、患者さんへの接し方は実践あるのみです

臨床に活かせる知識・技術は、3年次までの授業で修得してきた

柔道整復の施術に必要な知識を復習。礼儀や清潔感も大事にしたい

骨折や捻挫など痛みを抱えた患者さんが来院する接骨センターで臨床実習を行います。学生も医療スタッフの一員として参加します。私の知識で病態を正しく評価し適切に治療できるかが一番不安ですので、授業で学んだことは復習しました。しかし患者様さんへの接し方については実践してみないと分かりません。患者さんが気分よく受診できるよう、柔道で身につけた礼儀や挨拶には気を付け、清潔感のある身だしなみで実習に臨みます。

患者さんの協力を得て、さまざまな症例の診察・治療、対応の仕方を学びます

超音波画像装置の操作技術と画像診断知識を活かした診察の様子

先生の技術を間近で観察しながら、治療の一連の流れを経験できる

臨床実習は必ず患者様の了承を得て、先生立ち合いのもと行われます。診察や治療、対応の仕方、治療室の準備や片付けなど、接骨センターでの一連の仕事を経験します。今回は、足首を痛めてしまった患者さんを想定した実習。授業でも指導いただいている柔道整復師の山口先生から、ケガの診断や治療方法を学びました。視診では分かりづらく触診や画像診断が有効な症例で、画像診断学の授業で学んだことを活かすことができました。

どんな症状の患者さんが来ても対応できるように、知識・技術を自分のものに

授業で学んだことは経験により理解が進んだが、知識不足も実感

どんな症状の患者様にも対応できる柔道整復師を目指したい

授業で学んだことを実際に経験することによって、理解が深まりました。しかしさまざまな症状の患者さんが来院されるため、私の知識ではまだ足りないと感じました。患者さんから「ありがとう」と言われましたが、私こそ学ばせてもらったことに感謝しています。この気持ちを忘れず、どんな症状の患者さんにも対応できるよう知識・技術を自分の中に蓄え、その場に必要な知識をいつでも引き出せる柔道整復師を目指して、学び続けます。

山口先生からのメッセージ「ふれてなおす。柔道整復師の仕事を知ってほしい」

  • 山口登一郎先生/柔道整復学科講師、柔道整復師。特技のPCと豊富な知識で自ら教材を作成。ふれてなおす。柔道整復師の技術を広めたいと、日々治療・指導にあたる。

当センターは地域医療を担いながら、学生の臨床実習も行っています。治療により患者さんが楽になる。学生も教員も経験を積み成長する。皆にとって「帰る時、来た時よりもよくなる」というセンターでありたいですね。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

東京有明医療大学(私立大学/東京)