• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京有明医療大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小林 紗也加さん(保健医療学部 鍼灸学科/はり師・きゅう師)

私立大学/東京

トウキョウアリアケイリョウダイガク

お客様の相談にきめ細かに応じ、丁寧な施術を行います

先輩の仕事紹介

「女性の人生をサポートできる鍼灸師」を目指し、日々努力を重ねています

はり師・きゅう師
保健医療学部・鍼灸学科/2014年3月卒
小林 紗也加さん

この仕事の魅力・やりがい

女性のお客様限定のサロンに勤務しており、アジア調のオシャレなインテリアが整う、清潔な環境で働いています。鍼灸は、お客様のさまざまな症状に直接働きかけます。鍼灸師になって今年で4年目になり、お客様からご指名いただくことも増えましたが、お客様一人ひとりのご相談にきめ細かに応じ、丁寧な施術を行うよう心がけています。最近は、お客様対応だけでなく、後輩の育成にも携わるようになり、この仕事にとてもやりがいを感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が鍼灸と出会ったのは、高校時代です。当時はバスケットボール部のマネージャーをしていました。バスケットボール選手のケガを改善させるのに鍼灸が有効であると知って、興味を持ちました。大学で鍼灸を専門的に学ぶ中で、鍼灸がケガだけでなく女性特有の疾患や美容への効果もあることを知り、知識と技術を深めていきました。また、大学時代に経験したテーマパークでのアルバイトからホスピタリティを学びました。そして卒業後も、大学で得た知識と技術、アルバイトで感銘を受けたおもてなしの心で、人と向き合う仕事に就きたいと思い、どちらも活かせる女性限定のサロンへの就職を決めました。

分野選びの視点・アドバイス

「鍼灸」と聞くと、「古い」と思う方もいるかもしれません。しかし、昨今では鍼灸のツボが国際標準化されるなど、国際的にも価値が認められつつあります。スポーツや美容、福祉など、鍼灸師が活躍できる分野も多岐にわたっています。ぜひ、古いと決めつけずに、興味を持ったら情報をどんどん取り入れてください。そうすれば、鍼灸は意外と「新しい」分野だと分かってもらえると思います。また、学生のうちにやりたいことをやって、悔いを残さないこと。私の学生時代は、大学ではゼミ研究に熱中し、時間ができると友だちとよく旅行をしていました。学生時代の経験を活かしながら、今は仕事に集中して頑張っています。

小林 紗也加さん

カリスタ株式会社/保健医療学部・鍼灸学科/2014年3月卒/在学中は、鍼灸がケガだけでなく女性特有の疾患や美容への効果もあることを知り、知識と技術を深めていったという小林さん。今は女性のお客様限定のサロンで、鍼灸師としてだけでなく、後輩育成にも携わりながら働く。仕事に慣れ親しみ指名客も増えたが、医療に携わる者として日々勉強は欠かせない。「お客様の生活に一歩踏み込んだアドバイスができるよう、セルフケアの方法や漢方、食事、アロマなど、勉強中です。女性の人生をサポートできる鍼灸師を目指し、これからも努力を重ねたいと考えています」。小林さんの夢への歩みは、鍼灸の発展と同様、今後も止まらない。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京有明医療大学(私立大学/東京)