• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京有明医療大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 金丸 紘子さん(看護学部 看護学科/看護師)

医療現場ではスタッフ同士の連携が大事です

先輩の仕事紹介

看護師は、人の命に関わる仕事。人の役に立ちたい、という強い思いでケアにあたります

看護師
看護学部・看護学科/2013年3月卒
金丸 紘子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

東京大学医学部附属病院の看護師として、主に病棟に勤務しています。患者さんの入院から処置、検査、治療、退院までをサポートしています。業務に追われることもありますし、緊張感のある仕事です。医師や看護師、コメディカルスタッフとの連携を図りながら成長が実感できる毎日に、やりがいを感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

何となく憧れていた看護師への思いが、看護師になろうという決意に変わったのは、看護師だった母が病気になり闘病生活を送っていた時です。病気で苦しむ人の助けになりたいと、強く思うようになりました。看護師は人気のある仕事でもありますが、人の命に関わる責任ある仕事です。患者さんの一番近くにいて、わずかな状態の変化にも気づかなければなりません。日々の仕事にやりがいを感じるとともに、責任感も感じます。それでもやはり人の役に立ちたい、という強い思いで毎日ケアにあたっています。

学校で学んだこと・学生時代

大学時代は、少人数制の、講義・演習・実習を一体化させた授業で、看護職に必要な基礎医学や看護の専門知識について、しっかり学ぶことができました。3年次には今の職場である東京大学医学部附属病院で、半年間の病院実習も行いました。また、看護学科だけでなく、鍼灸学科や柔道整復学科など医療系の他学科との交流を通して、他職種との連携や東洋医学についても学びました。シンガポールへの看護短期留学も刺激的な思い出です。シンガポールでの医療現場を見学し、改めて日本の医療との違いを発見する機会を持つことができました。

金丸 紘子さん

東京大学医学部附属病院 看護師/看護学部・看護学科/2013年3月卒/進学した時から、看護師になるという強い決意があった金丸さん。在学中も学業に励んできたが、看護師という職業柄、今でも日々学ぶことが多い。「現在の目標は、緩和ケアについて理解を深め、認定看護師となること」。多くの苦痛や不安を抱えるがん患者の方の支えになりたいという。看護師を目指す高校生に、「人の役に立てる仕事をしたいという志の高い仲間を待っています」とエールをくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京有明医療大学(私立大学/東京)
RECRUIT